FC2ブログ

2021-01-28

コロナ禍でも安心できる構造の飲食店・後編

 前編→ http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1152.html

『焼肉ライク』という焼肉チェーン店をご存じでしょうか。この店、基本的に「一人で焼肉を食べる」ことをモットーとする店です。
 通常の焼肉店というと、ほとんどがテーブル席。集団で食事をすることを前提としていることが多く、一人客には敷居が高く感じられます。ところがこの焼肉ライクなら、一人客でも気軽に入れて食事できる、そんな構造なのです。
 客席は一席につき一人分のロースター。煙を吸い込む装置つきなので煙が充満しません。また、客席ごとに仕切りが設けられており、最近のウィルス感染対策もなされています。もっとも、ここの仕切りは「周囲を気にせず一人で焼肉を楽しめる」ようにすることが目的で、感染対策は後からついてきた要素です。前編で取り上げた『一蘭』と同じようなものです。

 この焼肉ライク、私も行ったことあります。
yakiniku_like1.jpg

 バラカルビ・豚カルビ・ホルモンのメガ盛りセット300g。これで税込み1188円。ロースターはこの写真でいうとトレーの向こう側にあり、ここで肉を焼きます。
 生肉を取るときは付属のトングを使い、焼きあがった肉は食べるときの箸で取るようにします。なぜかというと、トングで焼いた肉を取ってしまうと生肉の菌が肉についてしまい、また箸で生肉を取ると菌が箸について、菌をいっしょに食べてしまうことになってしまうからです。これはどこの焼肉店でもいえることですが。
 焼肉ライク、確かに一人で焼肉を楽しみたいという人にはもってこいの構造、かつウィルス対策もバッチリの安心構造の店です。ありがたくいただきました。
yakiniku_like2.jpg

2021-01-27

コロナ禍でも安心できる構造の飲食店・前編

 大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 さて、昨年暮れから今年初めにかけまして、新型コロナウィルスの流行が再び活発化してきまして、またしても緊急事態宣言が出されることとなっています。
 そうなると打撃を食らうのは飲食店です。飲食店は密となりやすく、また数人が向かい合って会話をすることが多いために、感染リスクが大きい空間です。ゆえに敬遠されがちになり、また行政の指導で営業時間の短縮を余儀なくされています。
 その感染リスクを少しでも軽減するために、最近では客席に間仕切りを設ける飲食店が多くなっています。これも少しでも客を離さないようにするための、苦肉の策といえます。

 実は、その「客席に間仕切り」を、かなり昔から設けてきているラーメン店があるのをご存じでしょうか。それは福岡に本店を置く『一蘭』です。

 この一蘭、客席がすべてカウンターで、客席の間には仕切りがあり、また目の前にはのれんが下がっているのです。まさに現在の飲食店の感染対策を地でいっているラーメン店。しかも創業当時からこの仕様です。
 一蘭はそんなに昔からウィルス感染対策をやっていたのか、と思うところですが、本当は「周囲を気にせずにラーメンの味に集中できるようにするため」に、仕切りとのれんが設けられたのです。それが最近、偶然感染対策の効果もありと注目されたに過ぎません。
 ↓これがその一蘭のラーメン。福岡発祥ですから、当然トンコツラーメンのみです。
ichiran4.jpg

 思えば23年前のことでした。私は旅行で福岡へと行き、そこで初めて天神にある一蘭に入り、初めてそこのラーメンを食べたのでした。最初、オーダー用紙にスープの濃さやこってり度や麺の硬さ等を書くというのに戸惑い、かつ入店して独特の仕切りありカウンターを目にして、なかなか面白い店だなと感じました。
 その当時、福岡県内に数店舗しかなかった一蘭。その後東京・上野への進出を皮切りに、この20数年間に瞬く間に全国へと広がっていきました。昨年は味噌ラーメンの本場である札幌へ果敢にも出店、そして最近では仙台にも新しく出店ときています。

 客席に仕切りあり、目の前にのれんありの『一蘭』ならば、安心してラーメンをいただけること請け合いでしょう。

(後編に続く)

2020-12-07

2020-12-05 ならでんアリーナ 奈良vs愛媛・後編

 2020年12月5日、ならでんアリーナのバンビシャス奈良vs愛媛オレンジバイキングス。この試合は「奈良地方法務局presents」ということで、イメージキャラクターの人KENまもる君と人KENあゆみちゃんが、試合前にコートにシカッチェとともにお目見え。
naraden_arena55.jpg

 そして、チア「バンビーナス」のパフォーマンス!
naraden_arena56.jpg

 今回アリーナ内では食事禁止、さらに飲酒も禁止。ただしフタのついた入れ物に入ったソフトドリンクは、アリーナ内に持ち込めます。なので酒の代わりに、カフェラテとカフェモカを飲んで観戦するとします。
naraden_arena57.jpg

 今回バンビシャス奈良が対戦する愛媛オレンジバイキングス。ここはチーム創設当時は「大分ヒートデビルズ」というチーム名で、大分県別府市に本拠地を置いていましたが、Bリーグの発足とともに愛媛に移転し現チーム名に変更しました。通称は「バイクス」です。
 両者とも旧bjリーグに所属していたので、これまでけっこうな数の対戦を重ねてきています。

 さて、奈良テレビの生中継もおこなわれたこの試合、結果は……

    奈良  愛媛
 1Q   12  22
 2Q   17  20
 3Q   22  19
 4Q   22  22
       73  83

 残念ながら、奈良はテレビ中継で勝利を飾ることができませんでした。奈良はやたらシュートミスが目立ったのと、序盤の失点が響いてしまった感があります。

 試合が終わり、まだこのまま帰るのは惜しいので、奈良市内のとある酒場へと入りました。ならでんアリーナで酒を飲めなかった分、ここで飲むとします。
 合わせて、このナポリタン焼きそばと、
naraden_arena58.jpg

 厚揚げ麻婆豆腐もいただきました。この麻婆豆腐、激しい辛さが効いていて、食べただけで体が熱くなってきました。
naraden_arena59.jpg

 日本酒の燗がうまい季節となりましたが、燗酒がお銚子でなく↓このような金属製容器に入っていることもあります。
naraden_arena60.jpg

 これはこれで、武骨な感がしていいものです。金属のほうが保温性もよいですし。


(おまけ)
 近鉄奈良駅近くの商店街にて、かわいいアマビエを発見しました。
naraden_arena61.jpg

2020-12-06

2020-12-05 ならでんアリーナ 奈良vs愛媛・前編

 2020年12月5日、私は奈良県奈良市にあるならでんアリーナへ行ってまいりました。
naraden_arena43.jpg

 この日ここでおこなわれるのは、

バンビシャス奈良
    vs
愛媛オレンジバイキングス

naraden_arena44.jpg

 愛媛、私は初めて目にします。
 アリーナのそばには、地元のテレビ局奈良テレビの中継車が停まっていました。
naraden_arena45.jpg

 この日、奈良テレビがならでんアリーナの試合を生中継するのです。試合開始は17:05。それに合わせて、17:00から放送開始です。地元局だからこそできる、わが街のチームの試合中継です。
 10ヶ月ぶりに入ったならでんアリーナ。今回は2階席から観戦。
naraden_arena46.jpg

 入場時に↓このプレゼントがありました。
naraden_arena47.jpg

 セノビック。バンビシャス奈良のメインスポンサーとなっている、ロート製薬の製品です。もうすでに体の成長が止まっている私には不要の品ですねえ。まあでも、もらっておきました。
 場内には↓こういったものも。
naraden_arena48.jpg

 これ、この日対戦する両者のマスコットが、アイロンビーズで描かれているのです。
 ゲームプログラムを見ると、今回の試合は「奈良地方法務局presents」とのこと。
naraden_arena49.jpg

naraden_arena50.jpg

 12月に「人権週間」があるということで、奈良地方法務局が冠となっています。人権週間ということで↓このキャラクターも来場していました。
naraden_arena51.jpg

 人権啓発イメージキャラクターの「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」です。キャラクターデザインは、やなせたかし先生。生前こういうお仕事もなさっていたのです。

 さて、まだ試合開始まで時間があるということで、例によって何か食べるとしましょう。
 まずはきのことベーコンのピザ。
naraden_arena52.jpg

 続いて鶏そぼろ丼。
naraden_arena53.jpg

 ならでんアリーナ、ウィルス感染リスクを抑えるために、アリーナ内での食事が禁止となっていました。なのでこれらはすべて、寒い外で食べました。奈良は冷え込みますねえ。
 なお、ならでんアリーナで飲食物を買うと、奈良のシカのエサ代に還元されます。今回も私は、シカたちの食事を支えてあげました。
 飲食ブースでは、列で距離を取るようにとの呼びかけが。ならでんアリーナの場合は、シカの足跡です。
naraden_arena54.jpg

(後編に続く)

2020-11-24

浜松オートレース場6度目の訪問・後編

 2020年11月22日の浜松オートレース場。場内ではこれまた大レース開催時の恒例である、往年の名車展示がされていました。
hamamatsu_ar38.jpg

 1988年式のメグロ1級車です。こういうのは、昔の車両の形態を知ることができ、かつオートレースで使用する車両の特徴を自分の目で確かめられる、いい機会です。
 場内に貼られていた、オートレースのPRポスター。
hamamatsu_ar39.jpg

 女子選手の先駆・女子ではいちばんの古株である佐藤摩弥選手と、今年の日本選手権で見事SG初優勝を成し遂げた森且行選手。オートレースはこのふたりを「顔」として出すことが多いです。

 さて、今回の車券勝負の結果はといいますと……

●2020年11月22日 浜松 
 サンケイスポーツ杯 GI第62回秋のスピード王決定戦 4日目


 ・的中レース
  10R 2連単  620円

 これだけしか当てられませんでした……
 11R終了後、最終12Rまで見ていたら帰りに混雑して、バスに乗るまで時間がかかりそうだと思ったので、最後まで待たずに引き上げることにしました。本当は12Rまで見たかったのですが、やむを得ない決断です。

 バスで浜松駅前まで戻ると、まだこのまま帰るのは惜しいので、浜松餃子を食べることにしました。
hamamatsu_ar40.jpg

 ゆでモヤシが添えられる浜松餃子。これが箸休めの役目を果たしているのです。
 おいしかったので、思い切っておかわり、いってしまいました。
hamamatsu_ar41.jpg

 あと、これはおまけ。浜松駅構内の観光案内所にある、浜松市の広報誌「広報はままつ」その表紙にBリーグ三遠ネオフェニックスの選手の写真が。
hamamatsu_ar42.jpg

 三遠ネオフェニックス、一応ホームタウンは「浜松市と、豊橋市を中心とする東三河地域」となっているのですが、実質は豊橋のチームなのですよねえ。

2020-11-23

浜松オートレース場6度目の訪問・前編

 2020年11月22日、私は静岡県浜松市中区にある浜松オートレース場へと行ってまいりました。これで通算6度目の訪問です。
hamamatsu_ar29.jpg

hamamatsu_ar30.jpg

 浜松駅でひさしぶりに「さんきょちゃん」を見ました。
 いつもならばここで、無料連絡バスの乗り場まで行くところなのですが……昨今の新型コロナウィルス流行を受けて、密となりやすい連絡バスは運休中なのでした。そりゃ連絡バスは行きも帰りも客を満員にして運行しますからねえ。
 ではどうやって浜松オートレース場まで移動しようか。そう思いながらバスターミナルの路線図を見てみると……「オートレース場」停留所まで行く路線があるのを発見。この路線バスを使うことにしました。運賃は片道360円。運行会社は遠鉄バスです。
 そして到着しました。浜松オートレース場。
hamamatsu_ar31.jpg

 今回ここで開催されるのは「GI 秋のスピード王決定戦」グレードレースなので、有力選手が多数出場します。
 入場門で検温・手の消毒、そこをくぐってメインスタンドへと行こうとしたら……
hamamatsu_ar32.jpg

 なんとスタンドが取り壊されて、囲いがしてあったのです。なんでもここのスタンドを建て替えるためだとか。しかしここが取り壊されたということは、スタンド内の名物「当たり焼きそば」の店もなくなってしまったということです。非常に残念。スタンドが新しく生まれ変わるときまで待ちましょう。
 メインスタンドはなくなっていましたが、その西側に位置する第3スタンドはまだ残されています。そこにはうどん・そばの店と↓ここに掲げられた店があるので、私はそこへと向かいました。
hamamatsu_ar33.jpg

 そこでさっそくいただきました。漬けマグロの串カツと豚汁。
hamamatsu_ar34.jpg

 串カツは中身のマグロ自体に味がしみ込んでいるので、ソースなしでもおいしいのです。
 北側にある食堂の、おんたまカレー。
hamamatsu_ar35.jpg

 私、浜松オートレース場へは何度か行っているのですが、まだこの食堂でカレーを食べたことがありませんでした。それで今回食べてみました。ここはご飯を型に入れてきれいな形に盛ってくれます。
 今回は場内に屋台もいくつか出店。その中の牛肉の串焼き。
hamamatsu_ar36.jpg

 これは大レース開催のときの定番ですね。観戦しながら食べられるという長所があります。
 あと、タイ焼きも販売されていたので、ひさびさに買って食べました。
hamamatsu_ar37.jpg

 私は普段タイ焼きを食べることはあまりないのですが、たまに食べるとおいしく感じるのですよね。

(後編へ続く)


2020-10-12

2020-10-10 ハンナリーズアリーナ 京都vs秋田・後編

han_arena28.jpg

 2020年10月10日、ハンナリーズアリーナでの京都ハンナリーズvs秋田ノーザンハピネッツ。アリーナ内で、秋田の選手たちが練習を始めました。
han_arena29.jpg

 秋田のチームカラーはクレイジーピンク。なので応援するブースターの皆さんもピンクの服を着ています。観客席の一角では、秋田ブースターたちが少数ながらも来場し、場内でピンクが映えていました。
 今回ここで試合をする秋田ノーザンハピネッツ。秋田は高校バスケの強豪校・能代工に代表されるように、バスケが盛んな土地。そこを本拠地としています。東北地方には6県すべてにBリーグのチームがありますが、B1は秋田だけ。いわばBリーグにおける「東北の雄」だといえるでしょう。
 余談ですが、秋田ノーザンハピネッツのエンブレムには、米どころゆえか稲穂が描かれています。

 しばらくすると、京都のチアチーム「はんなりん」によるチアパフォーマンス! やはりこれがないと始まりません!
han_arena30.jpg

 海を渡ってきたサムライ!
han_arena31.jpg

 はんニャリンもいっしょにチアパフォーマンス!
han_arena32.jpg

 今シーズンは新型コロナウィルス流行を受けて、感染拡大防止のために声だし応援一切禁止となっています。なので観客はそのかわりとして、手拍子やメガホン等を使って音を立てての応援をすることとなります。

 さて、試合結果は……

    京都  秋田
 1Q   19  27
 2Q   17  21
 3Q   19  24
 4Q   16  18
       71  90

han_arena33.jpg

 この試合、京都は秋田に圧倒されたという印象でした。
 あと、今シーズンからハンアリでは京都がフリースローを成功させると、ゲーム「スーパーマリオ」でコインを取ったときの効果音が場内に「コイーン!」と響くようになっていました。これは面白い試みです。そういえば、スーパーマリオを作った任天堂は、京都に本社がありますね。

2020-10-11

2020-10-10 ハンナリーズアリーナ 京都vs秋田・前編

 2020年10月10日、私は京都市右京区にあるハンナリーズアリーナへと行ってまいりました。いよいよ2020-21シーズンが始まった、バスケットボールBリーグの試合を見るためです。
 Bリーグ、2019-20シーズンは新型コロナウィルス流行のあおりを受け、シーズン終盤で中止。このシーズンは「チャンピオン該当クラブなし」の扱いとなってしまいました。新しいシーズン、今度は最後まで、チャンピオンシップ決勝まで完遂となってほしいものです。
 ハンアリの最寄駅、阪急京都線西京極駅にある、臨時改札口。
han_arena17.jpg

 西京極にはハンアリのほか陸上競技場や野球場があり、これらで大きな大会が開催され客が多数利用する場合に、この臨時改札口が使用されます。かつてはサッカーJリーグの京都サンガF.C.が西京極陸上競技場を本拠地としていて、その観客がここをよく利用していたのですが、サンガは亀岡市にできた新スタジアムへ移転しました。なのでここが使われることはもう少なくなるでしょう。かつてサンガと京都ハンナリーズの試合が同日におこなわれていたことも、今では懐かしく感じられます。
 駅からアリーナまでの途中には「誠」と書かれた、新撰組を思わせるのぼり。
han_arena18.jpg

 さて着きました、ハンナリーズアリーナ。今日ここでおこなわれる試合は、
han_arena19.jpg

B1リーグ
京都ハンナリーズ
   vs
秋田ノーザンハピネッツ

 両者ともかつてはbjリーグに所属していた同士、ゆえにこれまで数多くの対戦を重ねてきています。私は秋田の試合を目にするのが、今回初めてのこととなります。
 足元にはこのように、間隔を開ける呼びかけの貼り紙。
han_arena20.jpg

 さらに↓このようなものも。
han_arena21.jpg

 京都ハンナリーズのマスコット、はんニャリンの足型でしょうか。
 はんニャリン、↓このようにウィルス感染対策の呼びかけもしています。
han_arena22.jpg

 もうすっかり京都の顔ですね。

 さて、試合開始までまだ3時間近くあるということで、まずはアリーナ外の屋台にて、腹ごしらえをすることとしました。
 オム焼きそば。というよりは、半熟玉子のせ焼きそばといったほうがいいですね。
han_arena23.jpg

 こちらは、とろとろパイカ飯。
han_arena24.jpg

 ご飯の上に、京丹後ポークの豚バラ軟骨肉を乗せたものです。この肉は希少部位で、箸で簡単に裂けてしまうほど軟らかいのです。
 こういったものを食べていると、ビールのひとつでも欲しくなるものですが、あいにく現在はアルコール類販売休止中。アルコール類を飲むと大声を出す傾向が強くなって、それが感染拡大につながる恐れがあることによる、やむない措置です。
 なので、そのかわりとしてブレンドコーヒーを1杯。
han_arena25.jpg

 私はミルク1、砂糖なしで飲むのが好みです。

(後編へ続く)


(おまけ)
 京都ハンナリーズについているスポンサーの中に「ハンナリース」という字面の似ている企業があります。
han_arena26.jpg

 ↓これがそのハンナリースの広告幕。
han_arena27.jpg

「点( ゛)取ろうぜ!!」つまり、ハンナリーズから濁点を取ってハンナリース。そして「得点を取ろうぜ」の意味も含む、秀逸なコピーであります。

2020-09-23

山陽オートレース場へふたたび・後編

 2020年9月21日に行った山陽オートレース場。今回ここで開催される特別GIプレミアムカップは、最終レースが夕暮れ時となる「薄暮開催」となっていて、その分開門時刻が少し遅くなっていました。通常ならば10時ごろ開門となるところ、薄暮開催の今回は11時45分開門。私が埴生駅に到着したのが11時25分だったので、もうしばらく待つこととなりました。
 入場門前には、もうすでに開門を待ちわびている人たちが列を作っていました。私もその最後尾に並びます。開門時刻が近づくと、その列はさらに長くなっていて、早く入場したくてしょうがない人たちがこんなにもいるのか、と少々驚きました。
 いよいよ開門。昨今のご時世から、入場者はマスク着用、入場時に検温・手指消毒。毎度この検温のときに、37.5℃超えていないだろうか……と一抹の不安を感じます。幸い今回も大丈夫でした。

 昼どきということで、何か食べたくなるものです。そこで私はまず、前回行ったスタンド3階の食堂へ進んでいきました。しかし……その食堂は昨年12月で閉鎖となってしまったのです。その時期はまだ新型コロナウィルスの流行はありませんでしたから、それとは関係ない営業終了ということになります。前回ここでブタ汁・めしをいただいたことが、最初で最後の3階食堂での思い出となりました。
 気を取り直して、スタンド1階へ。ここには売店スタイルの食堂が並んでいます。そこで販売されているのが、わかめむすび。
sanyo_ar21.jpg

 白飯のむすびに乾燥ワカメをまぶしたものです。ワカメの塩気が白飯によくなじんで、ほどよい塩味となっています。山陽オートには「これが山陽の名物!」といえるものは見当たりませんが、強いていうならこのわかめむすびが名物に近いでしょうかね。
 わかめむすびの他にも、通常のむすびや、かやくご飯のむすび、おむすび弁当も販売されていて、山陽はけっこうむすびに力を入れている場のようです。
 出張販売で焼き鳥屋も来ていました。豚バラ・もも・つくね・ホルモンを買って、一杯やりました。ただし、ノンアルコールビールで。
sanyo_ar22.jpg

 山陽オートレース場ではビールが販売されていますが、私は最近になって酒を飲む量を減らしていますので、ノンアルにしました。でも写真だけ見ると、通常のビールとほとんど見かけは変わりませんね。

 さて、今回レース観戦と同時に、当然車券勝負もしまして。例によって2連単主体ですが。

●2020年9月21日 山陽(薄暮開催) 
 特別GI共同通信社杯プレミアムカップ 3日目


 ・的中レース
  4R 2連単  650円
  9R 2連単  300円
  10R 2連単  200円
  12R 2連単  230円

 ・回収率:57.5%

 この日のレースは荒れ気味で、12レース中6レースで万車券が出ました。それもあってか、結果はイマイチでした。
 しかし、今回は薄暮開催を初体験することができたことで満足です。最終12Rは18時30分に発走となったのですが、このとき周囲は薄暗くなっていて、場内の照明が点灯されました。薄暮開催というのは、実質「最終レースだけナイター」のことでした。
 このナイター最終レースでは、現在全選手のトップに君臨する青山周平選手が出場。青山選手は多くの客の期待にこたえ、あざやかな走りを見せて1着。いいものを見させていただきました。

 やはり最低1年に1回は、生で独特のエンジン音を聞きたいもの、今年初となるオート生観戦で、とみにそれを感じたのでした。

2020-09-22

山陽オートレース場へふたたび・前編

 2020年月9月21日、私は山口県山陽小野田市にある山陽オートレース場へと行ってまいりました。同場へはこれが2度目の訪問となります。
 ↓前回の訪問記。
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1039.html
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1040.html
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-1041.html

 今回は連休で日程に余裕があることから、前日の夜にひとまず広島まで行きそこで一泊、翌日山陽オートへと行く、ゆったりとした行程をとりました。
 広島に一泊となると、やはり↓これを食べないわけにはいきません。広島お好み焼き!
sanyo_ar16.jpg

 私の好みは断然、うどん入りです。これ、下の生地が薄いわりに歯ごたえがあるのです。
 広島お好み焼きで満足した私は、そのあとネットカフェへと行き、そこで一泊したのでした。

 朝となり広島を出発。山陽オートレース場を目指します。
 JR山陽本線埴生駅が山陽オートレース場の最寄駅。そこまで行くのに、途中新山口駅で新幹線から乗りかえました。
 その新山口駅では↓この列車が出発しようとしているところでした。
sanyo_ar17.jpg

 SLやまぐち号! 今にいたるまで長い間、観光列車として運行しているSLです。
 実は私も、小学生のころにこのやまぐち号に乗ったことがあります。それはもう36年も前のこと。それがこうして現在でも走っていることを目の当たりにして、懐かしくなると同時に、やまぐち号の記憶が次の世代へと受け継がれていることを認識し、感慨深くなったのでした。遠方に行くと、こういった意外な発見がよくあるのですよね。
 懐かしさに浸りながら、私は埴生駅へ行くために山陽本線の電車に乗りました。
 余談ですが、私がやまぐち号に乗った当時、新山口駅は「小郡(おごおり)駅」という呼び名だったのです。

 そして埴生駅に到着。
sanyo_ar18.jpg

 この駅、山陽オートレース場の他には、周辺に何もありません。まるで山陽オートの客のためにあるような駅です。
 なお、埴生駅からは西へ2駅で長府駅に行けるため、下関ボートの開催日程も掲げられています。
sanyo_ar19.jpg

 再び出会えました、この看板に。 
sanyo_ar20.jpg

 今回山陽オートで開催されるのは「特別GI共同通信社杯プレミアムカップ」ランク上位の選手たちが多数出場する競走です。そして今回の開催は「薄暮開催」昼の12時ごろに始まり、夕方18時30分ごろに最終レース発走という形態です。
 さて、今回の山陽オート訪問では、車券勝負の結果はどうだったのか? それについては後編で。
(後編へ続く)

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード