FC2ブログ

2009-05-24

番外編・浜松オートレース場訪問記(2)

 オートレースはいろいろ競艇と違う点がある、と前回書きました。では、それら違う点を挙げていきます。

 まず、オートレースはスタート時に、距離によるハンデがつけられます。客観的に見て、実力があると思われる選手をスタート線から後方の位置に据えてレースを始める、ということです。今回見た中には、ハンデが最大90メートルあるレースもありました。
 しかし、これだけのハンデをつけられた選手でも、レース後半になると怒涛の追い上げを見せて上位に食い込む、という展開がほとんどでした。「終盤の大逆転」が期待できるというわけです。

 今回は幸い天候は晴れで、路面が乾燥した状態でのレースとなりましたが、場合によっては雨などのために、路面が濡れた状態でレースがおこなわれることもあります。そうなると走行に大きく影響してきます。路面乾燥時と湿潤時とで状況は大きく異なりますから、レース結果も変わってくる可能性が高くなるわけです。
 この点は、基本的に陸上をコースとしている競馬・競輪(室内バンク除く)も同じことがいえますが。

 また、競艇は1レース6枠なのに対し、オートは8枠。競艇よりも2枠分多いです。しかしこの2枠の違いが大きいのです。
 競艇の場合、2連単の組み合わせ数は30通り、3連複のそれは20通りと、2連単のほうが組み合わせ数が多くなっています。つまり、的中率は2連単のほうが低い(すなわち配当が高い)というわけです。そのため、3連単の押さえとして買うならば、3連複よりも2連単を買う傾向が大きくなります。
 ところがオートの場合、2連単は56通り、3連複も56通りと同数です。オートでは、2連単と3連複は数字のうえでは的中率が同じになるのです。ただ、これはあくまで数字のうえで、当てやすさは順位に関係しない3連複のほうが勝っているのではないかと思います。となると、オートでは3連単の押さえは3連複のほうを選択する傾向があるのではないかと思われます。
(あくまで私の推察で、実際はどうなのか、オートに関しては疎いので詳しくわかりません。ご了承願います)
 また、3連単にいたっては、競艇が120通りなのに対し、オートは336通り。実に2.8倍の組み合わせ数です。枠が2つ増えただけで、これだけの違いが生じてくるのです。

 こういったことから、私は初めてオートの車券を買うのに、いきなり3連単はムチャではないか、と思いました。ですので私は今回、2連単で買っていくことにしました。
 ……が、実はその思いを終盤で破ることとなります。それは後日書くことにします。

(まだ続く)

2009-05-23

番外編・浜松オートレース場訪問記(1)

 5月24日に競艇場へ行くのは、結局やめにしました(理由はもう、各メディアで報じられているとおりなので、あえて書きません)。
 そこで今回は番外編として、「競艇好き」のブログではありますが、以前私が「一度やった」と書いた、オートレースのことを書くことにします。


 行ってきたのは、2009年5月2日。浜松オートレース場です。

 実は私自身、オートレースというものの存在は知っていたものの、実際に見たり車券を買ったりするのは、今回が初めてなのでした。なにせ、関西にはオートレース場がないものですから……関東に3ヶ所もあるんだったら、関西にも1ヶ所ぐらいあってもええやん、と思ってしまいます。

 で、私の住む大阪からいちばん近いオートレース場が、今回訪れた浜松オートレース場というわけです。
 ちなみに、浜松の西にある新居町には、浜名湖競艇場があります。ここは新幹線の車窓から見ることができる競艇場です。今後機会があったら、ここも訪問してみたいと思っています。

 JR浜松駅北口から地下道を通り、そこから地上に出た17番バス乗り場から、浜松オートレース場への無料バスが出ています。ここからは浜名湖競艇場へのバスも出ています。乗り場にはちゃんと出走表も置かれています。

 無料バスで約30分、市街地からやや外れた場所に、浜松オートレース場はありました。ここは航空自衛隊浜松基地の南方にあたる場所です。
 入り口付近では予想紙が3種売られていました。私はそのうちの『大浜名』という予想紙を買い、入場料100円を払って(これはどの公営レースも共通のようです)場内に入りました。

 なにぶんオートレースの車券など買ったことのない私ですので、最初の1Rは車券を買わずに、予想だけしてレースの雰囲気をつかむことにしました。
 レースが始まると、オートバイのエンジン音が、振動となって観客席に響いてくるのです。これに私はしびれてしまいました(実質的にも、心理的にも)。
 その次の2Rからは、いよいよ車券購入! 競艇同様、予想紙の予想を参考にしながら、何を買おうかとと思案していきます。

 しかし、この予想が競艇と比べて難しい。私にはそう感じられました。いろいろ競艇とは違う点があったからです。

(続く)
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード