FC2ブログ

2017-10-01

京セラドーム大阪訪問記・1

 2017年9月30日、私は大阪市西区にある京セラドーム大阪へと行ってまいりました。なぜ唐突に京セラドームへ行ったのか? それは以前もらったバファローズ戦の入場券がまだ1枚残っていて、それの有効期限が10月1日と迫っていたことで、せっかくだから使ってしまおうと考えた、そういう単純な理由です。
 正直、私はこの京セラドーム大阪という場所、行きたいと思えませんでした。ここは「野球場の皮をかぶったイベントホール」だとしか思えないからです。そんなまがいもののスタジアムに魅力を感じないので、ずっと行く気が起きませんでした。今回行ったのも、もらった入場券があり実質タダで入れるというのがきっかけになったに過ぎませんでした。今回は今までとは違い、そんな思いから始まるスタジアム訪問記です。


 京セラドームの鉄道最寄駅は3駅。JR大阪環状線の大正駅、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線のドーム前千代崎駅、阪神電車なんば線のドーム前駅。大正駅からだと多少歩きますが、ドーム前千代崎駅とドーム前駅はわりとすぐに京セラドームへたどり着けます。
 私はドーム前駅で下車しました。駅から地上へ出ると(ドーム前駅は地下駅です)、↓このような光景が。
 kyocera_dome1.jpg
 kyocera_dome2.jpg
 kyocera_dome3.jpg

 この近くにはイオンモールがあるので、ドームへ行く前にここで食料調達する手もあります。ただし、缶・ビン・ペットボトルに入った飲料はドーム内へ持ち込み禁止なので、この点ご注意ください。

 開場までまだだいぶ時間があったので、まずはドームの2階へと入ることにしました。京セラドームは2階がショッピングモール、3階がスタンド入場口となっています。2階は非開催日でも一部店舗を除き営業しています。
 kyocera_dome4.jpg

 東口から入るとすぐに、オリックスバファローズ公認野球グッズ店「Bs SHOP」があります。当然販売されているのはバファローズグッズが中心ですが、他のNPB全球団のグッズも扱っています。
 その中には、レトロユニフォームのコーナーもありまして、そこでは↓こういった懐かしいロゴが。
 kyocera_dome5.jpg
 kyocera_dome6.jpg

 かつての近鉄バファローズと阪急ブレーブス。どちらも現在のオリックスバファローズの祖です。近鉄のほうは歴史が途絶えた格好となりましたが……せめてこの猛牛マークは残してほしかったと思います。
 さらに、↓こういったものも。
 kyocera_dome7.jpg

 阪急ブレーブス→オリックスブレーブス→オリックスブルーウェーブ→オリックスバファローズのロゴ変遷です。近鉄・オリックス合併当時のバファローズロゴは、ブルーウェーブのロゴを少し変えただけのものだったのでした。

 2階には有名人の手形ギャラリーなんてのもありまして、その中には↓この手形が。
 kyocera_dome8.jpg

 これは現・阪神タイガーズ監督の金本知憲氏が現役時代に、京セラドームで904試合連続フルイニング出場の記録達成を記念してのもの。2006年4月9日のことでした。
 それと↓こういったものも。
 kyocera_dome9.jpg

 かつて近鉄・オリックス両方で監督を務め、そして両者合併後最初の監督となった、故・仰木彬氏の言葉です。その監督手腕が「仰木マジック」と謳われた仰木氏。名将と呼ぶにふさわしい方でした。

 この他、2階には店内で食事をしながら試合を観戦できるレストランもあります。大勢で来た客は、こちらのほうを選ぶという方が多そうですね。

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード