2017-08-13

長良川競技場訪問記・2

 長良川競技場にて入場券発売開始を待つ間、私はスタジアム前広場を散策しました。広場にはいろいろな食べ物の屋台が軒を連ね、来客を引き込むこと請け合いの雰囲気が漂っていました。
 FC岐阜は「日本一のスタジアムグルメを目指す!」のスローガンのもと、長良川競技場の前にて実に種類豊富な食べ物を提供しているところです。これらは「屋台村」と呼ばれます。この屋台が軒を連ねるスタジアムグルメの形式は、我が岡山のファジフーズと似ているものがあります。しかし屋台村の屋台の数々もまだ営業開始前。なのでまだ広場を歩いていきます。
 広場内に↓このキャラクターが。
 nagaragawa11.jpg

 これは「ギッフィー」FC岐阜の公式マスコットキャラクターです。実はつい最近まで、FC岐阜には公式マスコットが存在していなかったのです。最近になってこのギッフィーが正式にマスコットとなりました。岐阜だから鵜をモチーフにしたキャラになるかと思いましたが、意外な方向のキャラでしたね。
 今回、長良川競技場には日本赤十字社もやってきて、そこで献血も受け付けていました。そこには↓こういったものも。
 nagaragawa12.jpg

 この骨髄バンク啓発の絵、描いたのは漫画家の大今良時さん。映画化もされた『聲の形』の作者です。大今さんが岐阜県大垣市の出身ということで、ここに出されたのでしょう。そういえば、FC岐阜は『聲の形』とコラボレーションしたこともありましたね(下記参照記事)。

 スタジアム広場を散策している間に、入場券発売開始となりました。ビジター自由席を購入し、いよいよファジフーズ、ではなくて、屋台村の食べ物を攻めていくといたしましょう!
 まずはこちら↓岐阜グランドホテルビーフカレー。
 nagaragawa13.jpg

 岐阜市内の大きなホテル、岐阜グランドホテルのカレーがスタグルで食べられるときています。ルーが濃厚。口に入れた瞬間に少しの甘味を感じ、後からジワッと辛みがやってくるのはおいしいカレーの証です。このカレーには袋入りの福神漬けが添えられます。
 岐阜県といえば飛騨牛。その飛騨牛を使ったグルメも、当然のごとくこの長良川屋台村に存在しています。その飛騨牛グルメ3連発! 飛騨牛コロッケ・飛騨牛ソーセージ・飛騨牛串焼き。
 nagaragawa14.jpg

 nagaragawa15.jpg

 nagaragawa16.jpg

 コロッケはソースなどつけずにそのまま食べておいしい品。中身のジャガイモの中に飛騨牛の肉が入って、それを噛みしめながらいただきました。
 ソーセージは手作りのもので、かじれば肉のうまみが口中に広がる美味なるもの。
 串焼きもまた、飛騨牛そのものの味を感じ取ることができる代物。ただファジフーズの千屋牛串と比べると、大きさが小さかったのが不満点でしたが、おいしかったので贅沢は言いますまい。
 これら、ビールのツマミにもってこいの品々です。なので当然のごとく屋台村ではビールが販売されています。しかし生ビールが1杯600円。甲子園球場並の価格です。
 お次は↓岡崎まぜめん。
 nagaragawa17.jpg

 愛知県中央部の岡崎市のB級グルメだそうです。台湾まぜそばのように、出されたら混ぜていきます。これは八丁味噌の味がタレの基礎となっていて、これを味わうと「あー、東海地方に来たんやなー」との思いにかられます。名古屋を中心とした東海地方は味噌文化。これを味わえるだけで東海地方へ行った価値があるというものです。
 そして↓焼きアユ。
 nagaragawa18.jpg

 長良川といえば、アユで有名なところです。それゆえこの焼きアユも屋台村で販売されています。しかし私が行ったときには、すでにすべてのアユを焼ききってしまったあとで、買えたのは作り置き。それでもじゅうぶんに味わえました。


 長良川競技場の屋台村。ここは実に種類豊富な食べ物が提供されている空間でした。今回実際に自分の足で出向いて、自分の目で見て、自分の舌で味わって、最高のスタグルを体験できたと感じました。これはファジフーズに匹敵、いやむしろそれを凌駕すると言っても過言ではないかもしれません。
 そういえば『ぐるなび』サイト中で連載されているマンガ『ぺろり!スタグル旅』は、第1回と第2回がそれぞれ岡山と岐阜でした。これはこの両者がスタグルの中でも特に高い評価を得ているゆえ、でしょうね。
 岡山: http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/stagru/3872
 岐阜: http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/stagru/3897

(続く、次で終わり)


(参照記事)
 なおも各方面で取り上げられる『聲の形』 2015-06-17
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-804.html


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード