2009-11-16

寛容にも限度があります

「融和のためには、寛容であれ」
 以前も書きましたが、これが私の持論です。今回はそれに関連するお話。

 日本自閉症協会本部サイトには掲示板があります。ここに投稿するのは自閉症のお子さんをお持ちの親御さんが多いのですが、ときには自閉症当事者本人が投稿してくることもあります。
 まあ、それ自体はよいのですが、どうも最近の協会本部掲示板は

周りの迷惑を顧みず、本当かウソかわからない事例を並べ立て、自分の主張だけを押し通す

 こんな投稿が目立ちます。

 現在、協会本部掲示板にはまさに、そんな投稿を繰り返す人物が常駐しています。
 そのうえその人物は、明らかに同一人物なのにハンドルをたびたび変えて、いかにも別人のように装って、自分勝手な意見のゴリ押しをする、そんなことをする者です。もう掲示板住人の方々も、相当迷惑がっていらっしゃるようです。

 私は上記のとおり「寛容であれ」と考える人間ではありますが、こういった「他人の迷惑になることを繰り返す」人間に対しては、寛容になる必要はないと思います。むしろこういう人間に対しては、毅然とした態度で臨み、きつくお灸をすえるくらいの気持ちになるべきだ、私はそう考えます。


 それにしても、協会本部掲示板の管理人氏は、いつまで該当人物の書き込みを容認するつもりなのでしょうか。私が管理人ならば、とっくに出入り禁止にしているところです。
 それとやっかいなことに、こういった迷惑投稿に対して、真剣にレスをつける方がいるのです。これはいけません。こういった行為は、余計に相手を調子に乗らせるだけです。それに気づかない人が、あまりに多すぎる気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード