2017-01-25

公営競技場の食べ物に焦点を当てたマンガ『ばくばく!バクチごはん』

 2017年1月23日、ひさびさにお気に入りとなるマンガ作品に出会うこととなりました。『ばくばく!バクチごはん』(島田英次郎さん作・高橋コウさん絵、講談社刊)この第1巻がその日に発売されたのです。
 ↓こちらがその表紙。タイトル部分が少し切れてしまいましたが。
 bakuchi_gohan.jpg

 この作品は、駆け出し高校生アイドル・ひなこがイベントで訪問する各地の公営競技場で、その場所で販売されている名物の食べ物を食べて大満足する、そういう話です。
 登場する食べ物はすべて実在するものです。例えば、第1話ではボートレース江戸川を取り上げていまして、そこの牛もつ煮込みが登場していました。以前のこのブログで書いた↓これですね。
 edogawa_br25

 私も一度江戸川へ行って食べたことがあります。濃厚な味の煮込みでした。あとこれとは別に豚もつ煮込みもあります。↓これ。
 edogawa_br26

 詳しくは読んでいただいたほうが早いので、単行本の購入を検討されている方は↓こちらに第1話の試し読みがありますので、ぜひ読んでみてください。
 http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063546569

 今回発売となった『ばくばく!バクチごはん』第1巻に収録されている公営競技場は次のとおりです。
  • ボートレース江戸川
  • 川崎競馬場
  • 平塚競輪場
  • 川口オートレース場
  • 取手競輪場
  • ボートレース常滑
  • 大井競馬場
  • ボートレース宮島(前編のみ、後編は次巻に)
 私はこのうちの4場へと行きました。それだけにその話を読んで「ああ、そうそう、こんな感じやった」と思い出すことしきりでした。
 あと、各話の最後には原作者島田さんのコラムがありまして、それがちょっとした「公営競技場グルメガイド」の色彩を帯びた内容となっています。全国の公営競技場へ旅打ちに行かれる方は、これをご参考になさるとよいかもしれません。

 この『ばくばく!バクチごはん』公営競技が好きな方にオススメです。ちなみに第2巻は5月に発売予定とのことです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード