2016-07-18

シティライトスタジアムへふたたび・1

 2016年7月16日、私は岡山市北区にあるシティライトスタジアム(Cスタ)へと行ってまいりました。今年に入って2度目の訪問です。今回もまたファジアーノ岡山の試合を観戦するのであります。
 今回ファジがCスタで対戦するのは、北海道コンサドーレ札幌。7月16日試合前の時点でJ2リーグ首位(勝ち点46)のチームです。対するファジは4位(同39)。J1昇格をかけての上位決戦で、来客はいつもより多くなると予想されます。
 さらに、この日は客が多くなる要素がもうひとつ。この日に限り、Cスタでは岡山県内の高等学校に通う生徒は入場料無料となるサービスを実施するのです。なので高校生の客も多く入ってくることが考えられます。

 岡山駅運動公園口(西口)から北へ歩いて約15分のCスタ。岡山駅の新幹線改札口を出ると、↓このような案内が。アウェイの客に親切です。
 citylight_st33.jpg

 ↓岡山駅の東西自由通路のショーケースには、↓ファジの関連グッズが飾られています。
 citylight_st34.jpg

 ↓またしてもやってきました、シティライトスタジアム。
 citylight_st35.jpg

 スタジアムそばにはTSCテレビせとうち(テレビ東京系)とRSK山陽放送(TBS系)の中継車が。実はこの日、TSCがテレビ生中継を、RSKがラジオ生中継を担当するのです。地元放送局がゴールデンタイムにファジの試合を生中継するということは、それだけファジが地元で愛されているということですね。何せ当日は、裏でNPBオールスターゲーム生中継があったにもかかわらず、両局はファジの生中継をぶつけたのですから。

 スタジアム前広場へ来てみれば、お祭りのような雰囲気は変わらず。ファジフーズもいつもどおり開店、記念撮影パネルもサッカー検定もあり。それに加え今回はスーパーボールすくいや射的などの出店がある「ファジ縁日」や、ビニール製プールによるウォータースライダーも出現しました。夏も本番を迎えようとしているこの時期に、お祭り要素がぐっと強まったCスタ前広場。これはスタジアム内で試合見なくても、じゅうぶんに楽しめる空間ではないか、そう感じました。
 では、これからその「お祭り空間」を体感するといたしましょう。

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード