2016-05-02

シティライトスタジアム訪問記・4

 開門時刻の12時がやってきて、私はシティライトスタジアム内へと入場しました。今回は初めてのCスタでの観戦ということで、熱狂的サポーターが集まるバックスタンドを避けて、メインスタンドで観戦することにしました。
 繰り返しとなりますが、この日2016年4月29日にこのCスタでおこなわれた試合は、

 ファジアーノ岡山 vs FC町田ゼルビア

 この時点で、ファジはJ2の5位。対するゼルビアは同じく1位。上位チーム同士の対戦で、ファジは順位を上げて首位を狙えるチャンスです。J2では1位・2位がJ1に自動昇格、3位~6位で昇格プレーオフを戦い勝ち残った1チームが昇格となります。なので最低でも6位がJ1昇格の条件です。そのためにも、ファジはここで勝ちをもぎ取って昇格圏内にとどまっておきたいところです。
 ↓これがCスタのグラウンド全景。
 citylight_st24.jpg

 グラウンド周辺には、カンコー学生服はじめ地元岡山のスポンサー企業の広告が並んでいます。
 バックスタンド南側の一角は、アウェイ客の席となっています。はるばる東京からやってきた人が多数であろうゼルビアサポーターの姿が、ちらほらと見え始めてきました。おそらくはここに来たゼルビアサポの多くは、この日観戦したのち翌日を岡山観光にあてると思われます。
 ↓オーロラビジョン。
 citylight_st25.jpg

 ↓岡山の地からも、地震の被害にあった熊本へのエールが発せられています。「がまだせ熊本!」
 citylight_st26.jpg

 Cスタはサッカー専用でなく、陸上競技場との兼用です。それゆえ↓こういったものが見られます。
 citylight_st27.jpg

 これは3000m障害競走で使われる水濠の障害です。競技開催時にはここに水をためます。これを見ると、走る方向へ行くほど水濠の深さが浅くなっていることがわかります。つまり障害を越えてから着地する点が長いほど、靴をぬらす度合いが小さくなるということです。
 私、こういう地味な存在についつい魅かれてしまうタチなのですよ、はい。

 しばらくすると↓ファジ丸がグラウンドに姿を現しました。
 citylight_st28.jpg

 その後両チームの選手たちがグラウンドに姿を現し、試合前のウォーミングアップ。スタンドの観客から声援が飛び始めました。
 続いて場内では、スタジアムDJによる両チームの先発メンバーの発表。ここCスタでDJを務めるのは、ダイナマイトイシムラさん。岡山のローカルテレビ・ラジオ番組に何本かレギュラーを持っている、地元ではちょっとした有名人です。

 選手たちはウォーミングアップを終えいったんグラウンドから下がり、あとはもうキックオフを待つばかりとなりました。スタンドはもう大部分の席が埋まった状態です。このぶんだと観客は10,000人を超えているかもしれません。
 キックオフ時刻が近づき、選手たちが再び姿を現しました。ファジサッカースクールのこどもたちと手をつないでの入場です。
 ↓試合開始前に、ビッグフラッグです!
 citylight_st29.jpg

 ↓「ココロヒトツニ」ファジが当初からスローガンとしている言葉です。
 citylight_st30.jpg

 スタジアムは熱気に包まれ、観客たちの声援が徐々に大きくなっていく中、いよいよキックオフ! 約90分の芝生上での戦いが、今始まりました!

(続く。次で終わり)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード