2015-12-05

オートレース大阪開業日レポート・1

 2015年12月5日、大阪・日本橋にある競輪場外車券売場サテライト大阪内に、関西初のオートレース場外車券売場「オートレース大阪」が開業となりました。私もさっそく開業日に合わせて現地へと向かいました。今回はこのオートレース大阪の様子をつづっていきます。

 近鉄電車と地下鉄千日前線・堺筋線の日本橋駅から、堺筋を北へ向かって歩くと、窓に花の模様が描かれたビルが見えます。そこがサテライト大阪です。
 このサテライト大阪は会員制となっています。入場には会員登録が必要です。なのでオートレース大阪へ行く場合も会員登録しないと入れません。通常ですと、登録料と会費5年分で合わせて3,000円なのですが、この時分はオートレース大阪開業に合わせて、500円で会員登録できるサービスがおこなわれていました。そのためか、登録カウンターは人が多めにいました。

 サテライト大阪の入口には、↓オートレースの競走車が。
 ar_osaka1.jpg

 私はすでに会員登録を終えていましたので、入口で係員に会員証を見せて堂々と入場です。入口では、入場者にオートレース大阪開業記念の記念品が渡されていました。↓こちらがその記念品。
 ar_osaka2.jpg

 ティッシュとボールペン。ティッシュには森且行選手が描かれています。

 サテライト大阪は6階建て、このうちオートレース大阪に相当する区域は、4階と6階にあります。6階は有料席なので、実質は4階がオートレース大阪の主たる区域ということになります。
 4階の奥のほう、片隅に小ぢんまりと、オートレース大阪の区域はありました。
 ar_osaka3.jpg

 ar_osaka4.jpg

 そこには↓JKA会長から贈呈されたお祝いの花が。
 ar_osaka5.jpg

 JKAは競輪とオートレースの両方を統括する団体。ゆえにサテライト大阪内にオートレース大阪が開設されたというわけです。
 4階にある自動機の右端2機が、オートレース専用の窓口となります。2機は少ない気がしますが、まあ最初なのでまずはこの数でひとまずやってみよう、ということなのでしょう。

 10時ごろになって、従来の競輪客を中心に、オートレース大阪へ客が少しずつ集まってきました。関西で初のオートレース場外発売ということで、もの珍しさでやって来た人がほとんどなのでしょう。私はこれまで実際にオートレース場へ行き車券を買ったこともある、関西では少数派の人間ですが。

 ついに大阪の地へと市場を開拓していったオートレース、はたして来客たちの反応やいかに。

(続く)


(おまけ)
 サテライト大阪に置かれていたチラシの中に、↓このようなものが。
 ar_osaka6.jpg

 岡山県玉野市にある玉野競輪のチラシ。ここのマスコットキャラクター、ガッツ玉ちゃんが描かれています。やはりこのキャラ、全競輪場中でいちばんのインパクトがありますよねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード