2015-11-30

小倉競輪場訪問記・5

 それでは最後に、恒例の場内食べ物紹介です。
 今回の小倉では、北九州メディアドームの外にて「グルメ屋台」が出店していました。この日朝早く起きて出発して腹が減っていた私は、入場前にここに吸い寄せられてしまいました。
 そこで食べたのは、まずこの↓「ラグメン」 
 kokura_kr18.jpg

 ラグメンといっても、ラグビーとは何の関係もありません。これはシルクロード・ウイグルに古くから伝わる麺料理で、羊肉・キノコ・トマト・ピーマンのスープをかけたうどんのような食べ物です。スープはトマトが溶け込んでおり、ミネストローネのような風味です。
 ミネストローネ風味スープで食べるうどん、意外といけます。こういうマッチングもあるのだなと感じました。これは学校給食のメニューに採用してみるとよいのではないでしょうか。ソフト麺で代用できそうですし。
 そして、小倉といえば忘れてはいけない↓「焼きうどん」! 案の定ここでも販売されていました。
 kokura_kr19.jpg

 小倉は焼きうどん発祥の地。ゆえに地元では「小倉焼きうどん研究会」なる団体があり、ここの焼きうどんは同団体による提供です。それだけにやはりウマい!
 そういうわけで、私は入場前にエネルギー注入できたのであります。

 続いて小倉競輪場場内の食べ物について。
 小倉競輪場は、4階の外周通路に沿うように食堂や売店があり、テーブルや椅子は通路上に置かれる格好となります。つまり開催時だけ一時的に食事処の形態となるのです。
 そこで販売されているのは、ごく一般的なメニュー。これだ!といえるものはなかったようです。まあそれでも、焼きうどんは場内でも販売されているので、あえて言うならこれが小倉の名物といえるかもしれません。
 焼きそばはほぼどこの場でも販売されていますが、焼きうどんとなると販売されている場はわずかなのですよねえ。でもここ小倉では確実に食することができます。
 その焼きうどんはすでに場外で食べましたので、私はこれをいただきました。↓ホルモン煮込み。
 kokura_kr20.jpg

 出ました、公営競技場の定番メニュー。私はどこへ行っても、これをたのんでしまいます。ビールと一緒に。
 なお、ここ小倉はアルコールにはとてもおおらかで、ビールだけでなくチューハイや日本酒、焼酎も販売されています。なので食堂前のテーブルは飲み屋状態でした。
 ↓こちら、ラーメン。
 kokura_kr21.jpg

 福岡県ですので、ラーメンといったらトンコツです。トンコツラーメンには紅ショウガが添えられるのが通常ですが、私はこれを好まないので、紅ショウガなしでたのみました。紅ショウガがスープの味を損ねる気がするのです。などと、阪神タイガースのランディ・メッセンジャー選手が言ったようなことを書いてしまいましたね。大のラーメン好きであるメッセンジャー選手は「トッピングにモヤシを入れると、スープの味が変わる気がする」と言っていたのでした。
 ちなみに、このラーメンには思い切りモヤシが入っています。私はさほど気になりませんが、メッセンジャー選手にとってはNGの具なのでしょうね。


 競輪発祥の地、小倉。今回私はここで存分に楽しませていただきました。室内バンクのレースも、野外とは異なる雰囲気を感じることができて、なかなかいいものでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード