2015-11-28

小倉競輪場訪問記・3

 小倉競輪場のメインエントランスから左に進むと、しばらくして「吉岡稔真記念館」が見えてきます。北九州市出身で、競輪界にて数々の活躍を見せてきた吉岡稔真さんの功績をたたえる目的で、2013年8月に開館しました。
 この吉岡稔真記念館には、吉岡さんが現役時代に使っていた自転車やユニフォーム、吉岡さんが優勝して獲得したトロフィーや盾、こういったものが展示されています。そして入口には「不動心」の文字。吉岡さんの座右の銘のようです。
 で、私が行った2015年11月23日には、なんとその吉岡さんご本人が記念館にお目見えしたのです! 2R発売中のことで、軽いインタビュー程度のイベントでしたが、やはり吉岡稔真というネームヴァリューからか、けっこうな人が記念館前に群がっていました。
 ちなみに吉岡さんは現在、北九州市スポーツ大使を務められています。

 吉岡稔真記念館を過ぎると、投票窓口がバンクに沿うような形で並んでいます。ここ小倉は有人窓口のほうが多く、自動発売機は少ないようです。
 これを見たのならば、車券を買わずには帰れません。というわけで、私はマークカードを手に取りました。↓これが小倉のマークカード。
 kokura_kr11.jpg

 そして↓これが小倉の車券。富士通フロンテック仕様です。
 kokura_kr12.jpg

 例によって競輪では2車単のみを買っていく私です。しかし競輪はやはり当てるのが難しく、1R~5Rまで連続してハズレ。6Rでようやく当てられました。
 ここで私は考えました。6Rを当てたのはたまたま運がよかっただけだ、このあと続けて的中するとは考えがたい、ならばいっそのこと7R~10Rは車券を買わずに、次に買うのは最終レースの11Rだけにしよう、と。競輪祭の決勝となる11Rにすべてを集中させることにしたのでした。
 で、その11Rはどうだったかというと……残念ながらハズレでした。でもまあ、前回の松戸のような全敗とはならなかっただけマシと思うことにします。
 今回の競輪祭で優勝したのは、武田豊樹選手。序盤はラインの中盤に位置し、最終周でバックストレッチから一気にまくっていって、最後の直線で一気に抜け出しての勝利でした。このレース展開に、場内は大いに沸きあがりました。


 小倉競輪場のバンクは400m、室内バンクなので風の影響を受けません。ここで自転車トラック競技もおこなえそうです。
 当然といえば当然なのですが、小倉は室内だけあって、打鐘の音がよく響きます。何せ場内でエコーがかかるほどでしたから。
 そして↓これは小倉のバンク最終コーナー。
 kokura_kr13.jpg

 こんな急なカントを、選手たちは走っていくのです。まさに超人的です。

(続く)


(おまけ)
 前回紹介した「かねりんタオル」絵柄は↓このようになっています。
 kokura_kr14.jpg

 繰り返し書きますが、かねりんは牛ではなく打鐘ですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード