2015-07-30

プロバスケットボール新リーグ、1部チーム発表

 2016年10月に開幕するプロバスケットボール新リーグ・JPBL(日本プロバスケットボールリーグ)。そのトップにあたる1部に入るチームが、今日発表されました。内訳は次のとおり。

秋田ノーザンハピネッツ(bj)
仙台89ERS(bj)
リンク栃木ブレックス(NBL)
千葉ジェッツ(NBL)
トヨタ自動車アルバルク東京(NBL)
東芝ブレイブサンダース神奈川(NBL)
浜松・東三河フェニックス(bj)
アイシンシーホース三河(NBL)
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(NBL)
京都ハンナリーズ(bj)
大阪エヴェッサ(bj)
琉球ゴールデンキングス(bj)

 NBLとbj、それぞれ半数ずつが入ることとなりました。
 今回の発表では、1部入りは12チームが決定ということでしたが、これで終わりではないとのことです。今後さらに追加でもういくつかのチームが1部となる可能性があるということです。

 1部と同時に、2部・3部が確定したチームの発表もありました。まず2部は、

青森ワッツ(bj)
福島ファイヤーボンズ(bj)
豊田通商ファイティングイーグルス名古屋(NBDL)
バンビシャス奈良(bj)
高松ファイブアローズ(bj)

 そして3部は、

大塚商会アルファーズ(NBDL)
豊田合成スコーピオンズ(NBDL)
アイシン・エイ・ダブリュアレイオンズ安城(NBDL)

 この日決まったのは以上でした。
 JPBL参加承認を得た全45チームのうち、今回決定したのは20チーム。残りの25チームについては、うち15チームが1部または2部、あと10チームが2部または3部であり、これらの詳細は8月29日に発表となります。


 今日のこの日に至るまでには、実にさまざまなことが起こっていたのでした。まずは↓こちらの記事をご覧ください。

 嗚呼、悲しき日本バスケットボール界 2014-10-30
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-744.html

 ここに書かれていること(NBL≒バスケ協会とbjリーグとの対立→国際試合出場停止)が起こりまして、その後バスケ協会の旧首脳陣は全員退陣しました。
 その後、かつてサッカーJリーグ初代チェアマン・日本サッカー協会会長を務めた川淵三郎氏がバスケ協会会長に就任。それからというもの、川淵氏は自らの手腕で改革に乗り出し、統一新リーグJPBLの設立にまでこぎつけました。この点がFIBA(国際バスケットボール連盟)から評価され、日本に対し科されていた国際試合出場停止の制裁は解除となりました。

 そういった経緯を経て、ようやく発表となったJPBLの1部・2部・3部チーム分け。川淵氏はカンファレンス制の導入や、入れ替え戦も検討するとの旨を表明していて、まだまだ最終的にJPBLがどのような形となるのかは流動的のようです。

 そうはいっても、こうしてできあがっていく日本第3のプロリーグ、JPBLにはぜひともNPB・Jリーグと肩を並べるくらいの規模になってもらいたいと願うのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード