2015-05-21

立川競輪場訪問記・おまけ編

 立川競輪場訪問記、最後はおまけ編として、立川市の隠れた名所をご紹介いたします。

 立川競輪場訪問の前日夜のことです。私はどこかへ飲みに行こうと、立川の街へと出ました。
 JR立川駅北口を出て右へと行き、線路沿いの道を歩いていると、途中に案内看板を見つけました。
「立川屋台村パラダイス ここを左へ」
 と書かれていたのを目にして、面白そうだと思った私は、その案内のままに進んでいきました。
 入った道はものすごく細い道。そして周りは明らかに一般住宅地。ここを行って本当にたどり着けるのか?と一瞬思いましたが、信じて進んでいたら、本当に「立川屋台村パラダイス」にたどり着けました。
 ↓これがその、立川屋台村パラダイスの入口です。
 tachikawa_kr10.jpg

 ↓入口前にはこのように、屋台村の案内図が。
 tachikawa_kr11.jpg

 ここは数軒の飲み処が集合している場所なのでした。屋台村の中には↓シンボルタワーが。
 tachikawa_kr12.jpg

 ここの通称は「ヤタパラ」のようです。
 シンボルタワーは周囲がトタン板で囲まれていまして、そこには↓このような昔懐かしい広告看板が。
 tachikawa_kr13.jpg

 これは実に素晴らしいです。私はこういう懐古趣味の空間が大好きなのです。もうこれだけで私の中では「名所認定」です。
 私は屋台村内のとある一軒の店に入り、そこで日本酒と、もつ煮込みをいただきました。
 tachikawa_kr14.jpg

 ここへ来てまで煮込みを頼むとは、まったく私はどこまで煮込み好きなのでしょう。

 立川での夜、こういったすてきな場所を発見できたことで「ああ、立川へ来てよかった!」との思いが、私の中で満ち溢れてきました。満足できる夜を過ごせたことで、宿では実に気持ちよく眠れたのでした。
 おそらくは競輪帰りの客も、多くがここへと足を運ぶのでしょう。実際、立川競輪場で「このあと屋台村で一杯やるぞ」といった言葉を小耳にはさみましたし。
 この立川屋台村パラダイス、立川へ行く機会がありましたら、一度訪れてみてはいかがでしょう。すてきな気分になれることと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード