2015-05-20

立川競輪場訪問記・4

 立川競輪場訪問記、ここで訪問記恒例の、場内の食べ物紹介といきます。

 前日行った西武プリンスドームにて、私はそこにある「竹國うどん」のうどんを食べてみたいと思ったのですが、そのときは諸々の理由で食べることが叶いませんでした。
 で、この日立川競輪場へと足を踏み入れると……何と! 竹國うどんはこの立川競輪場の中にもあったのです! これで今度こそ食べることができます。
 ↓竹國うどんの「当たりうどん」350円。早い話が、かけうどん。
 tachikawa_kr6.jpg

 太くてもっちりした麺のうどんです。ただ、だし汁が関東風の濃い味なのですね。予想はしていましたが。
 この竹國うどんのカウンター席、まるで箱の上をテーブルとしているような席で、足の前に板を張っているために、テーブル下に足を入れられないのです。なのでかなり座りづらかったですね。ここは改善してもらいたい点です。

 売店「ふらんこ」では↓この「カットピザ」が販売されています。1ピース250円。
 tachikawa_kr7.jpg

 公営競技場でピザとは珍しいですね。販売している「ふらんこ」へと行くと「焼き上がり11:30」と書いてありました。この時刻に合わせて買えば、焼きたてを味わうことができるわけです。このピザ、チーズがたっぷりとのっていて、なかなかウマかったです。
 同じく「ふらんこ」にて販売されている↓煮込み。定食だと600円ですが、単品で頼むことも可能です。
 tachikawa_kr9.jpg
 立川の煮込みは、小さな豆腐が一切れついてきます。やはりこれを肴にビールを飲むのが最高!ですね。他にも種類の豊富な串揚げが販売されていまして、これもまた絶好の肴となります。
 なお、立川競輪場はアルコールにとてもおおらか。ビールだけでなく、日本酒やハイボール、ウーロンハイも販売されています。ゆえに「ふらんこ」前はさながら一杯飲み屋の様相をなしていました。

 それと、食堂「ごはんや」では、この↓スパゲティミートソースが販売されています。サラダがついて700円。
 tachikawa_kr8.jpg

 これもまた公営競技場では珍しいメニューです。昔の喫茶店のスパゲティという感じがする味でした。ただ少しばかり麺が柔らかめでしたね。
 ちなみに、「ごはんや」は食券制となっていまして、店の入口で食券を買うのですが、これがまたレトロ! 券売機などはなく、窓口があってそこで食券を買います。この窓口が、車券売り場のように透明板が張られて下に穴が開いている代物。今でもこういう形式を残しているときていて、何だか昔懐かしい雰囲気の空間に入った気分でした。

 立川競輪場、ここは場内の食べ物がけっこう充実しているといってよい場です。まあKEIRINグランプリが多く開催されている場ですから、それ相応に食べ物を充実させているのかもしれません。
 そのKEIRINグランプリ、2016年には立川で開催です!

 立川競輪場の訪問記本編はこれで終わりですが、次回あとひとつ「おまけ編」を書きます。
 私は訪問前日に、立川市内にて「ある場所」を見つけました。これはぜひともネタにして書きたいと思いましたので、次回それを「おまけ編」として書いていくとします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード