2015-05-17

立川競輪場訪問記・1

 2015年5月5日、私は東京都立川市にある立川競輪場へと行ってまいりました。
 前日、西武プリンスドームでの観戦を終えた私は、その日のうちに立川へと移動し、そこで一泊しました。今度は宿泊地から歩いて10分ほどのところにある場所が目的地ということで、翌朝はゆっくりと起きてゆっくりと宿で過ごしてから出発しました。

 JR立川駅北口から、立川通り(北東へと伸びている通り)をまっすぐ北へと進み「曙町」交差点を右に曲がります。そこからまっすぐ進み続けていると「競輪場入口」交差点が見えてきます。ここを左へと曲がります。曲がって見える細い道、この途中には小学校がありまして、その前を通り過ぎそのまま歩いていけば、立川競輪場へとたどり着けます。
 開門5分前に着きました、立川競輪場。
 tachikawa_kr1.jpg

 この立川競輪場、周りがモロに住宅地。しかも住宅が密集し周辺の道路も細いために、住宅地の中に割って入ったような立地です。さらに付近には小学校が。立川競輪場はそんな環境の中にデデンと構えている施設なのでした。こんなにも住宅地から至近距離の場所にある公営競技場を見たのは、ここが初めてです。競輪はレース中に騒音が発生しない、せいぜい響くとしたらジャン(打鐘)の音ぐらいなので、付近に住宅があってもさほど影響はないのかもしれません。
 開門前でしたが、この時点ですでに開門を待つ客がけっこういました。その9割ぐらいは老齢のお方々……競輪場はいつ行っても、客の老齢率が高いときています。まあ、この日のレースはFII(ランクでいえば最下位)ということで、よほどコアなファンでないと来場しないでしょうから、これはある程度予想できました。

 そもそもなぜに唐突に立川競輪場へと行ったのかって?
 この立川、実は競輪最高峰の競走「KEIRINグランプリ」の記念すべき第1回が開催された場なのです。いわばKEIRINグランプリ発祥の地。毎年12月30日に開催されるKEIRINグランプリ、これは立川での開催が最多です。
 それだけのネームバリューがある立川競輪場です。全競輪場の中でも集客数が上位に来る場でもあるということで、その立川競輪場がどんなところなのか一度行って目で見て確かめてみたい、そんな思いがわき上がってきたのが主な理由です。
 あと、西武プリンスドームから比較的近い場所であるというのも理由です。


 開門時刻10:00がやってきて、入場ゲートで50円硬貨を入れていざ入場。
 関東の多くの公営競技場の例に漏れず、立川でも場内で予想紙を販売していました。今回私は『アオケイ』を購入して、車券勝負といきました。競輪の車券に買い慣れていない私は、今回もすべて2車単で買っていくことにしました。
 この日は立川の本場と、平塚でおこなわれている記念GI場外のふたつの発売でした。平塚のほうは12Rまであるということで、立川本場よりも早く発売を開始していました(立川本場は10Rまで)。私は立川本場一本で買っていきます。
 立川1R発売までまだ時間があったので、その間私は立川競輪場内を探索に行くのでした。

 tachikawa_kr2.jpg


(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード