2015-05-14

西武プリンスドーム訪問記・3

 西武プリンスドームに入場してから試合開始まで1時間半ほどの空き時間がありましたが、野球場という場所はそんな空き時間でも決して退屈することがありません。その時間に飲み食いするもよし、場内の探索をするもよし、グラウンド付近まで行って練習風景を見るもよし、試合前でもいろいろと楽しめるものです。
 さらに西武プリンスドームの場合、試合前から場を盛り上げてくれる人たちがいます。
 まずスタジアムMC。試合における司会進行役です。場内のあらゆる場所に出現し、観客にインタビューをしたりダンスの音頭をとったりし、大画面モニターテレビを通してそれらを伝えていきます。
 それとスタジアムDJ。この人は表には出ませんが、試合中の選手の読み上げ等の場内アナウンスはこの人の役目。いかにもファンキーなノリの声を場内に響かせてくれます。なお、スタジアムDJがアナウンスを担当するのは、ライオンズの選手紹介およびライオンズの攻撃時のみです。ビジターチームの選手紹介・攻撃時には、通常どおりウグイス嬢が担当します。
 そして、あまり注目はされませんが、場内の電子オルガン演奏。試合前の空き時間の間、ほぼ連続して演奏されていました。穏やかな音色がスタジアム全体を包み込むように流れていきます。これ、聞いているとけっこう心地いいものなのですよねえ。試合前のひとときにアクセントを加えてくれる、そんな存在です。

 しばらくすれば、ライオンズ・バファローズ両チームの先発メンバーの発表です。まずはバファローズから。ビジターチームですので、ウグイス嬢が淡々と読み上げます。
 それが終わると、今度はライオンズ。さっきとは一転、スタジアムDJが独特の口調をもってして選手紹介。大画面モニターには選手の顔写真とともに、現在までの成績も映し出されます。
 この先発メンバー紹介のときは、これから試合が始まろうとしているんだという気分に否が応でもさせてくれて、ワクワク感がこみ上げてきますねえ。

 そのあと、グラウンドには小学生と思しきこどもたちが数名。整地用のトンボを手に持っています。
 するとスタジアムDJから説明が。これは「スタジアムの仕事体験」で、事前に募集し抽選に当たったこどもたちがグラウンドに出ていたのでした。こどもたちはまずここでグラウンド整備を体験するということでした。
 そしてまたDJによるアナウンス。ここに出てきたこどもたちは、このあと場内アナウンスも体験するとのこと。試合中に選手の読み上げをするというのです。こういう職場体験は、強く思い出に残ることでしょう。

 試合開始30分前くらいになって、マウンドに目を向けると……出てきました、よゐこの濱口さん! 何とウェットスーツを着ての登場です。始球式にしては早い時間の登場だなと思いましたが、濱口さんがこれからおこなうのは「セレモニアルピッチ」と呼ばれるもので、始球式とは別物なのでした。
 濱口さん、今回のセレモニアルピッチについては、練習を一切していないとのこと。ぶっつけ本番で投げるというわけです。
 で、本番到来。濱口さんの投げたボールは大きく山なりでしたが、ノーバウンドでキャッチャーミットまで届きました。濱口さんの登場および投球披露で、観客は大喝采でした。

 さあ、もうまもなく試合が始まろうとしています! 試合の模様については次回!

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード