2015-01-02

2015年、箱根に新たな「山の神」出現!

 新年明けましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

 1月2日、私は毎年恒例の箱根駅伝のテレビ中継を見ていました。今年往路優勝を成し遂げたのは、青山学院大学! 優勝候補筆頭の駒澤大学を抜いて、見事に初の往路優勝を勝ち取りました。
 青山学院往路優勝のいちばんの功労者は、何といっても5区を走った神野大地くんです。小田原中継所でタスキを継いだとき、青学は2位で前に駒澤が走っていましたが、5区で青学・神野くんがぐんぐんと追い上げ、道中逆転。その後は後続を完全に引き離し、独走で芦ノ湖まで走りきりました。神野くんは5区区間賞でした。
 ここに新たな「山の神」が出現した、私はそう思わずにはいられませんでした。しかも名前が「かみのだいち」何と神々しい響きの名前でしょう。まさに「名は体をあらわす」を体現しているといえます。
 その神野大地くん、中継の実況によると身長165cm、体重がなんと43kgとのこと! こんな細い体で、あの箱根の上り坂を走っていたのです。もうこれは「超人」というにふさわしいですね。

 で、私はふと思いました。165cm・43kgの小さな体で、箱根駅伝で往路優勝に導き区間賞を取るぐらいの運動能力があるのなら、いっそのことボートレーサーを目指して、やまと学校を受験することを考えてはどうか、と。箱根往路優勝・区間賞ならば、確実に「スポーツ推薦枠」で出願できます。
(スポーツ推薦枠:競技に関係なく中学・高校・大学等のスポーツ活動で優れた実績を持っていれば、やまと受験時一般枠よりもいくらか優遇される枠)
 場合によっては「特別枠」で出願できる可能性もあります。これはスポーツにおいて特に優秀な実績を残した人が、体力試験免除で出願できる枠です。
 ただ……気になる点は体重と視力ですね。現時点で体重43kgだと、基準にあと4kg足りません。まあでもこれは何とかなるでしょう。あと視力。神野くんが両眼裸眼0.8以上あるとよいのですが。

 ……なんて自分の一方的な願望を書いてしまいましたが……もし神野くんが大学卒業後も陸上で走ることを選択するのならば、それはそれでよいと受け入れます。こういうことは、周りがとやかく言うことではありませんからね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード