2014-12-02

広島は「むすび弁当」が結構うまい

 先日、広島へと行く機会がありまして、移動に新幹線を使いました。
 広島での用を済ませたのち、腹が減った私は「帰りの新幹線車内で、何か飯でも食べようか」と思い、何か目ぼしいものはないかと、広島駅構内を歩き回りました。
 そうすると「むさし」という店がありました。ここは広島ではかなり有名な、おむすび弁当を販売している店とのことです。
 それほどの店ならば、この「むさし」で弁当を買おうではないかと思い、私は↓この「若鶏むすび」820円を買いました。
wakadori_musubi.jpg

 これに入っているおむずびは2個。そのうち1個は昆布のおむすび。もう1個は、おむすびの中に醤油ベースのタレが染みこまれているものでした。このたれは「むさし」のおむすびでは標準として入っているものだそうです。醤油ベースではあるものの、かすかにふわんと甘い風味がしたタレでした。

 あと、この「若鶏むすび」に入っているオカズは、若鶏唐揚げ・ウインナー・キャベツ・枝豆・お新香・果物(ここではリンゴ)でした。そして塩も添えられています。これは枝豆にかけるものでしょう。そう思った私は、遠慮なく塩を枝豆にふりかけました。
 で、ふと思いましたが……この若鶏むすび、食事というよりはむしろ「酒のつまみ」に近いものがあるのではないか、と。鶏の唐揚げにウインナーに枝豆……思い切り酒のツマミとして定番の品々です。
 店頭では、若鶏むすびは「人気ナンバーワン」の謳い文句が掲げられていました。やはりこれは、出張帰り・仕事帰りのサラリーマンが食事をする際、酒のツマミとして食べるのにちょうどよいから、というのが大きいのではないかと推察します。

「あなごめし」や「かきめし」が主に取りざたされがちな広島の駅弁ですが、こういう素朴なおむすびの弁当も存在しています。広島に来たならば、こちらもおすすめしたい一品ですね。


(追記 2014-12-03)
 私が「醤油のタレ」だと思っていたおむすび、その後調べてみたところ、どうやら「梅のむすび」だったようです。
 しかし梅干そのものは入っていなかったのです。梅の汁を染みこませていたようでした。
 どうりでなーんか甘い香りのわりに酸っぱさを感じると思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード