2014-10-23

ボートレース常滑へふたたび・4

 では恒例のレース場内の食べ物紹介といきましょう。

 ボートレース常滑といえば、これはまず外せません。↓『とり伊』の「どて丼」
 tokoname_br22.jpg

 八丁味噌で味つけされたどて煮をご飯の上にかけたシンプルなものですが、やはりこれはいけます。とにかく煮込まれている肉が柔らかいのです。常滑に来たならば、ぜひとも味わっておきたい一品です。何せ、↓こういった謳い文句がデカデカと掲げられていますから。
 tokoname_br23.jpg

 常滑のどて丼が1位となると、2位は多摩川の牛炊で3位は尼崎の多幸焼きでしょうかね? 詳しくわかりませんが。
 同じ『とり伊』では、焼き鳥や串カツ、ハムカツ、ミンチカツも販売されています。↓こちらはホルモン串とハツ、そして串カツ2本。
 tokoname_br24.jpg

 串カツは注文時に「味噌カツで」と店員さんに言えば、味噌カツにしてくれます。どて煮を煮込む味噌ダレに浸して出してくれるのです。私も味噌カツにしてもらいました。
 なお、こういった酒のツマミになりそうな品が販売されているBR常滑ですが、酒類はいっさい販売されていません。ノンアルコールビールはありますが。

 今回はマーメイドホール横にて、全国的に有名なB級グルメの屋台が集まっていました。まあSG競走ではもはやおなじみとなったイベントですね。↓その中の浜松餃子。
 tokoname_br25.jpg

 これ、販売されているとついつい買ってしまうのです。ラー油をかけて食べるとうまいです。
 他にも、富士宮やきそば・中津からあげ・青森せんべい汁が、この場に集まっていました。
 そして今回はこれらB級グルメ屋台と同じ場所にて、常滑市内にある障害者作業所「ワークセンターかじま」の皆さんが作った「トコタンクッキー」の販売もされていました。↓こちらがそのトコタンクッキーの現物です。
 tokoname_br26.jpg

 このクッキーはいろいろな種類がありまして、私はそのうちの、きなこ・アーモンド・ココアの3種類を買いました。
 tokoname_br27.jpg

 このクッキー、帰宅してからいただきました。甘さひかえめで、なかなかいけました。これ、BR常滑場内に限らず、常滑全体の土産品として売り出してもよいと思います。


 全レースが終了して、私は帰路につくべく常滑から名古屋へと向かいましたが、名古屋にてまたしても名古屋メシをいただいてしまいました。それは↓この「台湾ラーメン」
 tokoname_br28.jpg

 名前は台湾ラーメンですが、起源は名古屋なのです。なので名古屋メシの扱いを受けている代物です。
 これ、スープが醤油ベースでラー油を加えているものでして、ゆえにかなりのピリ辛です。そして具はひき肉にモヤシ・ニラ・細切り唐辛子。これが台湾ラーメンの基本スタイルです。
 この台湾ラーメンを食べるとき、同時に生ビールも注文してしまった私でした。ピリ辛なので、ビールがよく合うのです。

 以上、2度目の常滑訪問記をお送りいたしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード