2014-09-01

白井英治選手、悲願のSG優勝!

 2014年8月31日、ボートレース若松にてSG第60回モーターボート記念(別名ボートレースメモリアル)の優勝戦がおこなわれました。その出場選手は次のとおり(敬称略)。

 谷村一哉
 白井英治
 寺田祥
 辻栄蔵
 池田浩二
 三角哲男

 と、山口支部の選手が内枠を占めました。この3人のいずれが勝ってもSG初優勝。特に白井選手はこれまで何度もSG優勝戦に進出していながら、毎回優勝を逃してきています。
 そういったこともあって、私は「今度こそ白井選手が優勝しますように!」との思いでいっぱいでした。ま、今回は舟券を買っていたわけではないのですがね。

 レースが始まれば、谷村選手はコンマ07秒の素早いスタート! しかしその隣の白井選手はそれ以上に早い、なんとコンマ00秒のタッチスタート! SG優勝戦でよくもこんなギリギリのスタートができるものです。白井選手は相当な強心臓の持ち主なのでしょう。
 レースはそんな驚異的なスタートを切った白井選手が1周1Mで見事にまくっていって先頭に立ち、その後は後続を引き離しての勝利。ファンが待ちに待ったSG優勝を、この日見事にやり遂げました。

 過去に13回、SG優勝戦に進出した白井選手。しかしいずれも優勝は叶いませんでした。今年尼崎でおこなわれた総理杯では、白井選手は予選1位通過したにもかかわらず、優勝戦進出さえもできませんでした。なのでもしかすると、白井選手がSGで優勝することはもうないのではないか、そんなことを思っていました。
 しかし、今回白井選手はそんなファンの思いに答えてくれました。果敢なタッチスタートからの堂々たる攻めをもって、悲願のSG優勝を成し遂げたのです。これにはもう観ているほうも感動しきりでしたし、それよりも白井選手本人が、感極まる心境だったのではないかと思います。
 2014年8月31日は、白井選手はもちろんのこと、ボートファンにとっても忘れられない日となったことでしょう。あらためて、SG初優勝おめでとうございます、白井選手。

 これで白井選手は今現在で賞金獲得額ランキング3位(ちなみに1位は菊地孝平選手、2位は松井繁選手)。これはほぼ、12月の平和島での賞金王決定戦出場が濃厚になってきましたかねえ。もし白井選手が賞金王でも優勝したら、ファンは狂喜乱舞間違いなしでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード