2014-05-06

kankoスタジアム前にてファジフーズを味わう

 今年の連休後半は、岡山にある実家への里帰りにあてました。そこでひさびさに実家の両親とのひとときを過ごし、また親戚の人たちともひさびさに顔を合わせることができて、それなりに充実した時間を過ごせました。
 で、今日5月6日に実家を発って自宅へと戻ったのですが、その途中で寄り道したところがあるので、それをつづっていくとします。

 どこへ行ったかといいますと……kankoスタジアム(以下カンスタ)です。サッカーJリーグ・J2のファジアーノ岡山(以下ファジ)の本拠地です。ちょうどこの日、カンスタでアビスパ福岡との試合があったのです。
 このカンスタ、JR岡山駅からは歩いて行ける距離のところにあります。約10分ほどかかりますが。で、岡山駅の改札口を出ると↓このような貼り紙があるのです。
 kan_sta1.jpg

 アウェイのサポーターに親切なファジであります。
 岡山駅西口から出て、駅前広場から北へ北へと歩いていけば、カンスタにたどり着けます。この道の途中には、ファジのオフィシャルショップ「ファジスクエア」もあります。
 しばらくすれば、岡山県総合グラウンドに到着します。カンスタはここの北東角にあるのです。↓この図は右側が北側ですので、右下に見える陸上競技場がカンスタです。
 kan_sta2.jpg

 ちなみに、同じ敷地内には岡山県営球場があります。現在では、岡山県でのNPB試合開催はもっぱら倉敷マスカットスタジアムとなっていますが、昔はここがNPB試合会場となっていたのです。
 思い出しますねえ、1990年3月にここでカープvsライオンズのオープン戦が開催され、それを見に行ったことを。ライオンズは秋山・清原・デストラーデのAKD砲全盛の頃でした。
 それはさておき、カンスタ前へとやってきました。
 kan_sta3.jpg

 kan_sta4.jpg

 ↓ファジのマスコット、ファジ丸。
 kan_sta5.jpg

「ファジアーノ」はイタリア語で「キジ」の意味。日本の国鳥かつ岡山県の県鳥、そして桃太郎のお供についた鳥でもあります。だからファジ丸はキジなのです。

 この日のカンスタ、試合開始3時間前から多くのファジサポが訪れていました。ファジサポの多くはファジレッドのユニフォームを着用しているので、すぐにわかります。
 周囲を見渡してみると、中にはちらほら、相手のアビスパのサポーターの姿も見えました。アビスパはユニフォームが青なので、ファジとは違いがはっきりしていてすぐにわかります。この連休を利用して、はるばる岡山まで来て応援に来たアビスパサポも多かったと思われます。
 で、カンスタ前にどんなものがあるかといいますと……↓これです!
 kan_sta6.jpg

 ファジフーズ。カンスタでの試合開催時に、さまざまな食べ物飲み物が販売されるのです。それは言うなれば、さながらお祭りのごとし。お祭りで多数の露店が立ち並ぶがごとく、実にバラエティに富んだメニューが多数販売されているのです。
 このファジフーズに関しては、以前私が↓ここで取り上げました。

 食べ物は客を引きつける重要な要素 2014-03-09
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-704.html

 今回、それをこの目で、またこの舌で実感するときが来たのです。当然、私はこのファジフーズをいただきましたよ、はい。
 まずはこちら↓岡山のB級グルメといえばこれは外せない、津山ホルモンうどん500円。
 kan_sta7.jpg

 やはりこれ、いつ食べてもタレの味がたまらなくウマいんです。どんな秘密があるのかと、いつも思います。
 ファジフーズでは、対戦相手の所在地にちなんだ限定メニューが販売されるのも特徴です。今回はアビスパなので、福岡にちなんだメニューです。↓これはそのうちのひとつ、博多明太そばめし500円。
 kan_sta8.jpg

 明太と名はついていますが、唐辛子の味はついていません。醤油ベースでほぐした明太子を混ぜ込んだ、やさしくあっさりとした味でした。
 あと、酒の肴系のメニューも数多くあります。↓これはそのひとつ「カレー(華麗)に勝つ」300円。
 kan_sta9.jpg

 串カツ3本にカレーソースをかけたものです。これはファジフーズのカレーブースで販売されています。そのカレーブースでは、カレーにビーフステーキを丸ごとのせたボリューム満点のカレーも販売されていました。
 先ほど「酒の肴」と書きましたが、ということは酒類の販売もあるのかといいますと……あるのですよ、それが! 「ファジバー」と呼ばれるブースがあり、そこでは数々のオリジナルカクテルが販売されているのです。
 今回アビスパが相手ということで販売された↓限定カクテル「うまかもん」500円。
 kan_sta10.jpg

 ジンベースで、レモン・ライム・キウイのシロップとソーダを混ぜたカクテルです。なぜこれが「うまかもん」という名前なのかはわかりませんが、ジュース感覚で飲みやすかったですね。ジンベースなのでアルコールのまわりは早かったですが。
 それと↓「ファジの神風」500円。
 kan_sta11.jpg
 ファジ公認日本酒「酒一筋ファジアーノ岡山」とイタリアンブラッドオレンジジュースを混ぜたカクテルです。これもジュース感覚で飲める代物。

 この日のカンスタ前は、昼を過ぎるとさらに客の数は増え、実ににぎやかでした。老若男女幅広くサポーターたちが来ていて、ファジフーズはどのブースも行列ができていて大盛況といったところ。特に今回アウェイのアビスパサポの皆さんにとっては、このファジフーズは間違いなく思い出に残ったことでしょう。


 では、その日の試合はどうだったかといいますと……すみません、実は私、試合は見ずにファジフーズを飲み食いしただけで帰りました。
 でもまあ、これは許されていいのではないでしょうか。金は落としているのですし。実際、公営競技場でも「場内で飲み食いしキャラショーや歌手のライブ見ただけで、レースも見ず投票券も買わずに帰る」客だっているのですし。それと同じようなものでしょう。

 というわけで、ファジフーズ「だけ」をリポートした、今回のブログでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード