2014-02-23

しばらくさようなら、ボートレース鳴門

 ボートレース鳴門が、今日2014年2月23日をもって本場開催をいったん終了し、約2年間休催となります。護岸工事と施設改修のためです。

 私も改修前に、このBR鳴門へと行きました。そのときの訪問記は↓こちらに。

 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-category-34.html

 上記訪問記でも書きましたが、ここは昔ながらの雰囲気を色濃く残していて、一時的にタイムスリップしたかのような感覚を味わうことができる、大変に魅力ある場でした。スタンドの屋根は鉄骨がむき出しになっていて、これがまたいい意味での古臭さを演出していました。
 また、場内の食べ物類もわりと豊富で、中でも開門に合わせて入場したならば揚げたてを食べることができる天ぷらは絶品。特に鳴門金時の天ぷらはうまさが一段上でした。そんなわけで、鳴門は私のお気に入りの場のひとつとなっていたのです。
 そのBR鳴門が、いったん取り壊されることとなります。これだけの味のある場が作り替えられるのは寂しい感がしますが、昨今の地震対策の風潮を考えると、それも致し方ないでしょう。

 なお、BR鳴門では60年間のBR鳴門施設の様子をおさめた写真集『HISTORY』を発売しているとのこと。

 http://www.boatrace.jp/stadium_info/2014/01/049110.php

 1冊1,000円。こういった形で、鳴門の記憶は受け継がれていくでしょう。

 何にせよ、鳴門の施設は新しく生まれ変わるのです。2年後、新しくなった鳴門にて悲願のSG開催を望みたいところです。
 そして、願わくば新施設に改修前の鳴門の様子の写真を展示する「鳴門メモリアルギャラリー」を設置してはもらえないか、とも思います。あの独特のスタンドの様子を思い出して懐かしい気分に浸りたいですし、また後世の人たちにも昔の様子を是非見てほしいですから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おじゃまします

お疲れ様です。先般の高速道路での管理人様バイクのパンク事案を拝見しました。若干の出費とありましたが、事故にならなくて良かったですね。当分ボートを控えなくては、とありましたので、本当に出費は痛かったと感じました。お互い運転気をつけたいですね。

いらっしゃいませ

ジャイロコプター様

いつもコメントありがとうございます。
今回のパンクの一件、あらためてブログにて書きましたので、ご覧ください。
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード