2014-01-19

エビフライ飯、エビスさんの友達論に同意するの巻

 大のボートレースファンとして有名な、漫画家の蛭子能収さんが「友達」についての自らの考え方をつづっていました。

 中年に新しい友達って必要? 人間はひとりで死んでいく 蛭子能収さん
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140118/ecc1401181731007-n1.htm

 ↓元記事はこちら。
 http://president.jp/articles/-/11403

 私、ほぼ全面的にこの蛭子さんの意見に同意です。ところどころ、うむうむとうなづける記述がありましたので、それらをかいつまんでご紹介し、私の感想も添えていきます。


・蛭子さん、テレビに出るようになって「友達だ」と名乗り金目当てにやってくる人が続出。蛭子さんは彼らに金を貸してしまい、持ち逃げされ大損

 いかにも人の好さそうな、蛭子さんらしいエピソードです。これ、友情でもなんでもなくて、結局一方通行の主従関係でしかないのですよね。そんな関係でい続けるための友達なら、私もいないほうがマシです。


・今の学校では、友達が多いことをよしと評価する風潮。それがよいとは思わない

 まったくもって、私も友達の数がいい人間のステータスとされていることには、異議ありです。それだと、ただでさえコミュニケーションや社会性に難があり、なかなか友達をつくれない自閉症スペクトラムの人間などは、総じてよくない人間とみなされていることとなってしまいます。
 学校だけでなく、企業でも友達の少ない人間は評価が低いですよね。


・旅行もギャンブルもひとりのほうが、気ままでいい

 これもまったく同感。私もこのブログにて旅打ちの記録を書いていますが、こういうのは基本、ひとりだけで行ったほうが多数の書くネタに遭遇できるものなのです。
 ひとりだけならば、レース場に入場してからすぐ場内探索に入れます。そこで場内の様子をひととおり巡って、気になるところがあったならメモに書き残す。面白そうなモノに出くわしたなら写真を撮る。1R開始前にこういったことが自由気ままにできます。そしてそのあとひと勝負。合間にメシを食べることも自分の判断で自由。
 これが他の人との同行だと、こうはいきません。他の人の行動に合わせるという制約が出てきて、場内探索も食事も自分の思うようにはできなくなります。その分書くネタも乏しくなってしまうのです。
 だから私は、同じレース場にツイッターのフォロワーさんが来ていると知っても「私は今どこそこにいる」「お会いしましょう」といったことは書かないのです。蛭子さん同様、ひとりのほうが気が楽ですからね。


・さらりとした関係がよい

 私も深く立ち入った関係は避けたいですね。以前信じていた人から、突然ネット上で誹謗中傷の書き込みをされるといった経験がありますので。


・自分の趣味の延長での友達がよい。ひとりでできる趣味で

 かつての私は、同じ発達障害を抱える当事者同士で関わってきました。しかしここでは、些細な考えの相違から対立が生じてお互いを罵倒し合う「内ゲバ」状態となる事態を多く目にしてしまい、それに失望して発達障害の世界からは距離を置きました。
 その一方で、趣味のボートレースのほうで新たなつながりを作ることができ、またつながりを持った人たちとは総じて良好な関係を築けています。同じ趣味の人の間には垣根はない、それを実感しています。
 私自身こうなので、この蛭子さんの言葉には大いに納得できます。


 そういうわけで、この蛭子さんの友達論、私は熱烈支持です。まあ書く内容がすぐに金の話になる点は、いかにも蛭子さんだなとも感じましたが。


(余談)
 そういえば、私は約4年前に徳山にて生の蛭子さんを拝見しました。いい思い出です。

 徳山ボートレース場訪問記・4 2010-04-23
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-164.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はぢめまして。
蛭子さんをますます好きになりました。
アテクシも友達多い奴が魅力的という風潮に違和感を感じてました。

誰とでも上手く付き合える人間なんてのは、アイデンティティの無い低俗な人間だと思います。

いらっしゃいませ

男根大聖人さま
ご訪問ありがとうございます。

「誰とでも上手く付き合える」結局これは、うまくやっていこうとして本来の自分を失っている、そんな感がしますね。
でも世の中ではこういった人のほうが受けがいいときています。困ったものです。
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード