2014-01-03

続・2014年お正月も花園ラグビー場へ!

 元日に続いて、またしても近鉄花園ラグビー場へ、全国高校ラグビーを観に行きました。
 ↓元日訪問時の記事。

 2014年お正月も花園ラグビー場へ! 2014-01-01
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-691.html

 この時期もっとも近場で楽しめる場所がここなのですよ、私にとっては。なので再び花園へと向かったのであります。

 この日、1月3日におこなわれるのは準々決勝ということで、元日よりもたくさんの客が花園へと詰めかけていました。ベスト8のうち、大阪の代表が3校とも残っていることも要因でしょう。
 元日の記事でも書きましたが、準々決勝は次の組合せ。

 東福岡 ‐大阪朝鮮
 天理  ‐桐蔭学園
 報徳学園‐東海大仰星
 大阪桐蔭‐秋田工

 では、これらの試合の結果とともに、すべてを観戦した私の感想をつづるといたしましょう。


 ・東福岡 30-24 大阪朝鮮

 大接戦でした。
 大阪朝鮮は「点を取られたら取り返す」かのごとく果敢に攻めていきましたが、やはり優勝候補の一角の意地が勝ったか、東福岡が勝利をもぎとりました。
 大阪朝鮮は善戦したのですが、それもむなしく敗れてしまいました。しかし優勝候補をかなり苦しめた試合だったと思います。


 ・天理 14-26 桐蔭学園

 天理は一時リードしていたときもあったのですが、結局は桐蔭学園の勝ちでした。
 天理で特に目立ったのが、送球を受け損ねて落とすという場面が何度もあったこと。ノックオンも多かったようです。素人目ですが、やはりこれが敗因ではないかと。


 ・報徳学園 17-66 東海大仰星

 関西勢同士、かつ大阪代表が出る試合ということで、この試合がいちばん客の入りの多い気がしました。
 この試合、先制トライを決めたのは報徳でした。これでもしかすると報徳が勝つこともアリかも?と思いましたが、やはり優勝候補の仰星、そう簡単には勝たせてはくれませんでした。
 仰星は1試合で10トライを決める猛攻ぶり。この日いちばんの実力を見せつけていました。


 ・大阪桐蔭 41-3 秋田工

 最後の試合は大阪桐蔭が圧倒的な強さを見せつけました。
 大阪桐蔭は秋田工に序盤のペナルティゴールしか得点を許さず、鉄壁の守りで相手をノートライに抑えました。加えて後半はトライのラッシュ。ノーサイド間際にもトライ+ゴールを決めてダメ押ししました。


 準々決勝全試合終了後、グラウンドにて準決勝の組合せ抽選がおこなわれました。準決勝の組合せは次の通り決まりました。

 東福岡 ‐東海大仰星
 大阪桐蔭‐桐蔭学園


 なんと、東西の「桐蔭」が対戦することとなりました。この組合せが決まった瞬間、観客席ではいっせいにどよめきが起こりました。そりゃ「桐蔭」同士という、多くのファンがひそかに期待していたであろう対戦となったのですから。
 第1試合の東福岡‐東海大仰星は、もうこれが実質の決勝戦の色彩を帯びていますねえ。激しい闘いとなりそうな予感です。


 ……と、正月休みを利用して、2度も花園へと行ってしまった私のお話でした。
 ちなみに準決勝以降は、もう行きません。だってもうそのとき私は通常通り仕事ですから。お屠蘇気分もそろそろ切り替えて、またいつもの日常に戻る準備をいたしませう。


(おまけ)
 ↓花園名物の「ラグビーまん」を販売している店にあった絵。
 hanazono_rugby21.jpg

 これはドラマ『スクール☆ウォーズ』の滝沢賢治でしょうかね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード