2009-10-06

5年目開始、bjリーグ

 プロバスケットボール・bjリーグが今年も始まりました。
 リーグ発足から5年目、発足当初6チームだったチーム数は年ごとに増え、今シーズンからは京都ハンナリーズが新しく加わり、13チームで熱闘が繰り広げられます。

 そのチーム数はまだまだ増えていきます。
 すでに次の2010-2011シーズンからは、秋田ノーザンハピネッツ・島根チーム・宮崎チームの3チームの加入が決定しています(島根・宮崎はチーム名未定)。来年は16チームとなるわけです。
 で、私はふと考えました。そうなると、東西カンファレンスの分け方はどうなるのだろうかと。
 現在の東西区分は次のとおりです。


 イースタンカンファレンス

  仙台89ers
  新潟アルビレックスBB
  富山グラウジーズ
  埼玉ブロンコス
  東京アパッチ
  浜松・東三河フェニックス


 ウエスタンカンファレンス

  滋賀レイクスターズ
  京都ハンナリーズ
  大阪エヴェッサ
  高松ファイブアローズ
  ライジング福岡
  大分ヒートデビルズ
  琉球ゴールデンキングス


 これに新規3チームが加わるとなると、秋田はイースタン、島根・宮崎はウエスタンに入るのが順当でしょう。しかしそのまま加えると、イースタンが7チーム、ウエスタンが9チームと不均衡が生じてきます。今シーズンも東西のチーム数は違いますが、全体のチーム数が奇数なので、これは仕方のないことです。
 bjリーグの場合、カンファレンスが同じでも違っても関係なしに総当りとなります(ただし、対戦相手のカンファレンスが同じか違うかで、試合数が異なります)。なので各カンファレンスのチーム数は違っていてもいいのかもしれません。
 仮に東西で同じチーム数にするとなると、位置の関係から滋賀をイースタンに移動させることになりそうです。しかし明らかに西日本に属している滋賀がイースタンというのも違和感があります。
 リーグ大本営はどういう考えでいるのでしょうか。

 また、これだけチーム数が多くなると、そろそろカンファレンスをさらに2地区に分けるといったことも考えたほうがよさそうな気がします。イースタンを北地区・東地区に、ウエスタンを西地区・南地区に分ける、といった具合に。で、プレーオフは各地区の1位チームがそれぞれ進出する、ということにするのです。


 ……と、なぜ突然bjのことなどを書いたのかと申しますと、10月17日・18日に、ナンバの大阪府立体育会館にて、大阪エヴェッサvsライジング福岡の試合があり、私はそれを見に行こうかと考えているからなのです。リーグ発足から5年目なのに、私はまだbjの試合を見たことがありません。ようやく機会がおとずれたので、今回見にいってみようと思った次第です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード