2013-11-26

ボートレース津へふたたび・3

 私自身、ボートレース津へ来るのは2年ぶりなのですが、その間に変わっていたことがありました。それは舟券購入時のマークカードです。
 前回行ったときは「ながし・ボックス」用のカードの「ながし」に記入する場合、3連単だと1点指定をふたつしなければなりませんでした。何点でも指定できるのはひとつだけだったのです。
 しかし今回はそれが改善されていて、1点指定はひとつでOK・あとふたつは何点でも記入できるように変わっていました。そしてマークカード自体も、24場共通タイプに変わっていました。前回の訪問記で「津も24場共通タイプに変えるべき」と書いてから2年で、本当に変わっていたのです。
 このマークカード変更は、おそらくSG開催が決まったことで、不便のないように変える必要が出てきたことからだと思います。


 では次に、BR津のスタンド内で見つけたものをひとつ。
 SGおよびプレミアムGI開催時には、場内に地上波テレビ放送の放送席が設置されます。今回の津にもありましたが、その放送席には↓こんな貼り紙が……
 tsu_br23.jpg
 写真が不鮮明で申し訳ありませんが、ここには「ボートレース」と書かれている下に「競艇」と書かれていて、さらにその上に赤でバッテンが書かれているのです。
 この紙が貼られているのは、出演者から見て正面の位置。つまり出演者たちに対して「競艇とは言うな、ボートレースだぞ!」と呼びかけていることになります。
 そこまで「ボートレース」の呼称を徹底していく必要があるのでしょうかねえ。


 最後に、恒例の場内の食べ物紹介といきましょう。
 前回、1F1M側『まるいち』で食べた「カレー中華」600円に、今回も挑戦しました。
 tsu_br24.jpg
 前回食べたときは口の中をヤケドするほど熱かったこの品、今回は食べ始めから慎重になっていましたが、前回ほどの熱さは感じられませんでした。2年の間に改善されたのかもしれません。
 あと、スープのとろみが前回よりも強くなっていたような気がしました。この写真では麺がまったく見えていないのが、その証左となっています。麺はちゃんとスープの下にあります。とろみがあるので、食べるときは麺をかき混ぜてスープとなじませたほうがよいでしょう。
 あと『まるいち』には持ち帰り販売のコーナーもありまして、そこでは↓この「いわし寿司」400円が販売されています。
 tsu_br25.jpg
 酢でしめたイワシが乗った寿司。シャリがデカいです。ただ、これはシャリにシソを混ぜてあったので、シソが大の苦手な私には、ちとキツかったですね……それが気にならない方ならば、大満足の品ではないでしょうか。

 ↓1F2M側の『味ひろば』にあった、伊勢うどん400円。
 tsu_br26.jpg
 tsu_br27.jpg
 津といえば伊勢の国。そのご当地メニューがあります。なお、伊勢うどんは『まるいち』でも販売されています。
『味ひろば』、以前はここに「どて丼」を販売するブースがあったのですが、残念ながらそこは営業を休止してしまったようなのです。あのどての味はけっこう好みだったのですがねえ。
 あと、前回「BR津ではアルコールが販売されていない」と書いたのですが、実は『味ひろば』の一部では、ビールや発泡酒が販売されていることが、今回の訪問でわかりました。やはり1度だけの訪問では、全容は把握しきれないものですね。

 このほかに3F2M側には『御飯艇』があります。ここは見たところ、大学の学生食堂のような雰囲気でしたね。


 というわけで、2度目のBR津訪問記でした。今後ここを訪れるときは、おそらく相当先のこととなるでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード