2013-09-18

船橋オートレース場訪問記・3

 funabashi_ar12.jpg

 船橋オートレース場まで来たからには、車券勝負をしないで帰るわけにはいきません。
 私は今回、1Rと12Rの車券は購入しませんでした。1Rは買う時間がなかったため、12Rは帰りが遅くなりそうだと思い、11Rまでで切り上げたためです。

 1Rはレースを観るだけとしましたが、あの体で感じるエンジン音をまた聞くことができたことで、興奮がよみがえってきました。超高速で走るバイクの抜きつ抜かれつの攻防を目にして、私のテンションはいやが上にも急上昇してきました。
 2Rから車券購入開始。今回もまた2連単のみ、ひとつのレースにつき2点までの購入としました。予想紙『オートタイムス』を頼りにしながら。

 そうして楽しんだ今回の車券勝負、戦果は次のとおりでした。


●2013年9月14日 船橋オート 
 ヤマダ電機杯 SG第17回オートレースグランプリ 3日目


 ・的中レース(1R・12Rは購入せず)
  2R 2連単  1,960円
  6R 2連単   760円
  11R 2連単   430円

 ・回収率:143.2%


 まあ結果としては収支プラスにできました。
 ただ……今回の船橋、ひとつ不満が残りました。それはフライングが相次いだこと。
 以前も書きましたが、オートレースではフライングが発生すると全員でまたスタートのやり直しとなります。ボートレースのようにフライング即欠場とはなりません。しかしスタートのやり直しをするということは、それだけレースの進行を遅らせることとなります。これにイラつくのです。

 この日1日だけで、3R・5R・6R・7Rと、実に4つものレースでフライングが発生したのです。
 特に5Rと6R。この両方とも、フライングが1度だけならず2度も発生、つまり2度のスタートやり直しが2レース連続。さらにその次の7Rでもフライング(これは1度だけ)。3レース連続でフライングという事態。
 こんなレース立て続けに見せられたら、しまいにゃ観客キレますよ。いやマジで。
 現にこの私も、フライング続きで「エエ加減にせいや、コラー!!」と思わず叫んでしまいましたから。

 こういう事態を見るにつけ、選手たちはフライングに対する警戒心が薄いのではないでしょうか。見る側からすれば、さあスタート!と期待を胸に込めてレースに一心に注目しているのに、フライングでスタートやり直しでは一気にシラけてしまいます。運営はもう少しこういった点を意識して、フライングに対しては厳しく指導していったほうがよいのでは、と思います。

(続く)


(おまけ)
 ↓冒頭の写真の競走車と並んで展示してあった、ちっちゃな競走車。
 funabashi_ar13.jpg

 この車でポケバイレースでもやるのでしょうかねえ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード