2013-09-11

2020年東京オリンピック、早くもいろいろ妄想

 2020年の夏季オリンピック開催地が、東京に決まりました。いささか時流に乗り遅れたのは承知の上で、今回の記事を書いていきます。

 東京オリンピック開催正式決定となると、↓こちらの競技会場プランも現実化するということですね。

 http://tokyo2020.jp/jp/plan/venue/index.html

 これ見ると、競技は主に有明やお台場、夢の島といった東京湾岸でおこなうプランのようです。
 ボート競技は海の森だそうで。前回1964年の東京オリンピックのときには、ボート競技は戸田漕艇場でおこなわれたのですが、今回はここを使わないようです。ちなみに戸田漕艇場は、戸田ボートレース場と併用です。
 また、自転車競技(トラック)も、新たに有明に競技場を造るようです。日本が発祥の「ケイリン種目」があるのですから、ここは京王閣競輪場や立川競輪場を使うことはできないものでしょうかねえ。


 ここからは、私の個人的な希望。
 まず、陸上競技で「駅伝」を実施できないでしょうか。駅伝は日本で生まれた種目。今では国際大会も開催されていて、やる意義はあると思います。マラソンコースを何区間かに分けることで対処できるでしょう。

 そして「相撲」を公開競技で実施してもよいと思います。日本の国技であり日本文化の象徴ともいえるこの競技。これもまたやる意義はあると思います。
 ただしこれは大相撲ではなくアマチュア相撲のルールで。アマ相撲のほうが真に競技としての性格を帯びていますから。そして公平を期すため、大相撲の力士は出場資格なしとしたほうがよいでしょう。もし大相撲力士の出場を認めたら、メダルは彼らに独占されるに決まっていますから。
 あと、何より相撲は1回の試合時間が非常に短い! おそらく世界一試合時間の短い格闘技でしょう。そしてルールが単純明快。これほどわかりやすい競技もないです。相撲のこれらの点も、外国の方々に対して「売り」となる要素となりえます。
 会場は両国国技館がそのまま使えますし、その国技館では実際に「世界相撲選手権」が開催されたことがあるといいます。なのでオリンピックでの相撲の実施は大いに「アリ」だと思うのです。
 ただ……上記競技会場プランを見てみると、国技館はボクシングの会場とされているのです。ここはボクシングには後楽園ホールあたりに移ってもらって、相撲を本来の場所で開催、ということにしてはどうかと。

 相撲のほかに「空手」も公開競技でされるといいですね。テコンドーとは異なる武道だということを示す意味からも。


 あーまだ開催は7年も先だというのに、早くもこんな妄想を繰り広げてしまいました。


(追記 2015-03-01)
 東京五輪の自転車トラック会場は、静岡県伊豆市にある伊豆ベロドロームとなったとのことです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おじゃまします

お疲れ様です。明日から船橋オートに参戦されるようですね。強行スケジュールと思いますが、楽しまれてください。話はそれますが、九州地区は飯塚オート、山口県には山陽オートがありますので 、九州地区のスポーツ新聞は開催時は新聞紙上で予想がありますよ。私の愛読は東京スポーツ新聞系列の九州スポーツ新聞です。九州地区にお見えになられたら、おすすめの新聞です。

いらっしゃいませ

ジャイロコプターさん、ようこそ。

関西にはオートレース場がないために、スポーツ紙にも載りません。「今日・明日のレース」の欄でも、オートレースの日程は載っていません。最初から「ないもの」とされています。

こちらでは、そちらの九州スポーツに相当するのは「大阪スポーツ」通称大スポ(だいすぽ)です。

おじゃまします

これは参考までですが、東京スポーツは夕刊紙の様ですが、九州スポーツは朝刊紙なんです。もしですがひょっとしたら、明日の九州スポーツに船橋オートの予想が掲載されていましたら、情報提供しましょうか?掲載されていなかったら、申し訳ないです。

お気遣いなく

ジャイロコプターさん、それに関してはお気遣いなく。

現地まで行けば、そこでのスポーツ紙には予想が掲載されているでしょうから。
関東ならほぼ確実に掲載されているでしょう。
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード