2013-07-02

ボートレースSG・GI、一部競走が改組

 昨日2014年度SG・PGI(プレミアムGI)の開催場が発表されましたが、それにともなって、一部の競走で改組がおこなわれていました。概要は次のとおりです。いずれも2014年度からの実施です。


 チャレンジカップが改組
  • 出場選手数を52名→32名に。
  • 「GIIレディースチャレンジカップ」を新設。チャレンジカップと同期間同時開催。出場選手数は女子20名。
  • 女子選手でチャレンジカップに選出された場合は、チャレンジカップのほうに出場。
  • 1日あたりチャレンジカップ8レース、レディース4レース。
  • チャレンジカップは準優勝戦制、レディースは得点制。最終日ダブル優勝戦をおこなう。
  • レディースチャレンジカップ優勝者は、総理杯選出除外。

 賞金王決定戦が改組
  • 開催期間を4日間→6日間に。
  • 出場選手数を12名→18名に。獲得賞金額上位18名が出場。
  • トライアルを2ステージ制に。初日・2日目に、獲得賞金額7位~18位の選手による第1ステージ。得点上位6名が第2ステージに進出。敗者組6名は賞金王シリーズ戦に回る。
  • 3日目~5日目に、獲得賞金額1位~6位の選手+第1ステージ勝ち抜け6名による第2ステージ。上位6名が賞金王決定戦に進出。
  • つまりは、トライアルがプロ野球のクライマックスシリーズのような形態となる、ということ。

 賞金女王決定戦・シリーズ戦が改組
  • 年末に開催。
  • 同時開催の賞金女王シリーズ戦を、一般戦からGIIIに格上げ。(ただし、これについては2015年度から)

 ヤングダービー新設
  • それまでの新鋭王座決定戦は廃止。新たに「PGIヤングダービー」創設。
  • 30歳未満の選手の勝率上位者が出場。男女混合戦。(新鋭王座は男子限定だった)
  • 同時に「GIIイースタンヤング競走」「GIIウエスタンヤング」を新設。それぞれの優勝者はヤングダービー出場権獲得。

 このほか、

 新鋭リーグ戦・女子リーグ戦を従来のGIIIから一般戦に
 オール女子戦を「GIIIレディース競走」に改組

 こういった改組がなされるとのことです。

 ここへきて、実に思い切った改組に踏み切ったな、というのが率直な感想です。
 チャレンジカップの事実上の男女ダブル優勝戦化や、賞金王決定戦のトライアル2ステージ制については、やってみなければわからないといったところで、現時点では何ともいえません。
 あと、ヤングダービーの新設は、まあよいのではないのでしょうか。それまでの新鋭王座は男子限定で女子が出場できないといった、不公平感がありましたから。これで男女隔てなく若手の頂点を目指せることになるのです。

 新たに生まれ変わる、そして新たに誕生するこれらの競走。初めての適用による開催場は、

 チャレンジカップ・レディースチャレンジカップ:下関
 賞金王決定戦・賞金王シリーズ戦:平和島
 賞金女王決定戦・賞金女王シリーズ戦:住之江
 ヤングダービー:戸田

 です。さて、今回の改組がどのような変化をもたらすことやら。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード