2013-05-07

伊勢路旅行2013 四日市競輪場編・3

 さていよいよ、四日市競輪1Rが始まろうとしていました。
 私、今回は1Rから車券を買っていくことにしました。ただしすべて2車単、ひとつのレースにつき2点のみで。競輪の車券に買い慣れていない私ですので、3連単まではとても手を出せませんでした。

 昨年の岸和田以来、実に1年ぶりに見る競輪の生のレース。期待をふくらませながらバンクへと出た私は、バックストレッチ側にある敢闘門(選手が出入りする門)の上部に「ベイサイドバンク」と書かれているのを目にしました。四日市競輪場の通称は、伊勢湾に面した場所にあるということで「ベイサイドバンク」なのでした。
 周囲を見渡すと、フェンスに選手応援の横断幕。ほとんどガールズケイリンの選手のものばかりでした。
 その近くには日本トーターの広告が。「けいりんは人生のスパイス 日本トーター株式会社」のコピー。人生に刺激を与える、という意味でしょうか。

 金網に近づけば、間近でレースの様子を目にすることができます。これが迫力あるものです。
 特にホームストレッチ。ここはスタートの様子とゴールの瞬間を見ることができるので、もっとも迫力を感じることができるかと思います。スタート時には選手たちのムチムチした頑強な脚に、ゴール時にはスリリングな決着の時に。実際、ホームストレッチで金網に近づいて観ていた人が多くいました。加えて、そこから発せられる声援やヤジもかなり聞こえました。
 そしてレース開始。乗車前に一礼する選手たち、審判員の「かまえて!」の合図ののち、号砲がパンと鳴らされる。これが競輪のスタートです。
 なお、競輪にはフライングというものは存在しません。スタート時には自転車の後輪を台に固定させますが、このとき後輪にロックがかかります。このロック、実は号砲が解除のスイッチとなっているのです。つまり号砲を鳴らさない限り、出ようにも出ることができないのです。よってフライングは絶対ありえない、ということです。
 始めは静かに、終盤で大盛り上がりをみせるのが、競輪のレースです。残り1周半となり先頭誘導員がコースを外れると、選手たちの走りは勢いを増します。残り1周を知らせる打鐘(ジャン)の音が場内に鳴り響くと、もう走りは超高速。カントのきついカーブでも平然と走っていきます。最後の直線でもまだ結果が見えず、ゴールまで目が離せません。
 100%人間の力だけで競い合う競輪選手たち。やはりこの人たち超人級だなと、あらためて感じた次第です。


 レースは進んでいき、5Rまでが終了。このあとの6Rと次の7Rが、いよいよガールズケイリンです。
 ガールズの場合、男子選手とは多少ルールが異なっています。国際ルールのケイリン種目に基づいたルールとなっているのです。違いは相当こまごまとしていますので、ここでは詳細を省略します。目に見える大きな違いというと、使用する自転車および先頭誘導員の動きが挙げられます。
 ガールズで使用する自転車は、前輪がバトンホイール、後輪がディスクホイール。国際大会で使用される規格と同じものです(男子は両輪ともスポークホイール)。後輪はホイールがそれぞれの枠番の色となっていました。
 また、ガールズの先頭誘導員は、スタート時にスタート線の半周前から走り始めて、スタート線を通過した時点で号砲が鳴りスタートとなります(男子の場合は誘導員をスタート線前方で固定)。念のために申し上げますが、ガールズケイリンでも誘導員は男子です。

 そして6R開始。さっきよりもバンクそばに寄ってくる客が多めでした。やはりガールズは注目されているようです。その理由は、このあとで何となくわかりました。
 私もスタート線あたりで間近に選手たちを見てみました。女性離れしたムチムチの太ももが目に映りました。しかしそれがかえって魅力的に映るから不思議です。
 加えて、選手たちが履いているレーシングパンツ。ガールズの選手たちはピンク色のパンツを履きます。そのパンツの色ともあいまってか、選手たちのおシリが非常に肉づきのよい形状をなしているように見えて、この上なくすばらしい絵となっていました。そういえば、このレーシングパンツは素肌に直履きでしたっけ。つまりほぼ生シリの形状であると……おっと、変態するのはこのぐらいにしましょうか。
 まあでも、ガールズケイリンが注目されるのは、こういったことにも起因しているのだなと感じたのでした。

 今回のガールズケイリン、車券のほうはといいますと、6Rは外しましたが、7Rでは的中しました。とはいっても、本命中の本命が来たので、配当はわずかでしたがね。まあそれでも、ガールズケイリンの生レースを観られたので、それでよしとしましょう。
 日は落ちてきて、これからがナイターの本番となります。

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード