スタジアム好きの自閉症者ですが、何か問題ありますか?

発達障害の一種、高機能自閉症を抱えるエビフライ飯が、スタジアム訪問記を中心につづっていきます。

『てんむす』一言感想・全話分まとめ

(はじめに注:今回の記事は思い切り“俺得”の内容です。あらかじめご了承ください)

 今週発売の『週刊少年チャンピオン』2012年53号にて、『てんむす』の連載が終了しました。
 私はこの作品、始まったときからけっこう気に入って、それで追い続けていました。ときにはこのブログで『てんむす』をネタに記事を書いたこともありました。↓これらがそうです。

 食べることへの関心 2011-10-31
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-429.html

 マンガ『てんむす』主人公に見られる発達障害の片鱗 2012-01-20
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-463.html

 発達障害当事者でもイラつくものです 2012-01-22
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-464.html

 一時期『チャンピオン』巻頭を飾ることがしばしばあり、人気を集めてもしかするとアニメ化なんてことにも?と思っていたときが私にもありましたが……やはりマンガの世界は厳しいのでしょうか、生存競争に敗れることとなってしまいました。

 実は、私はこの『てんむす』の一言感想を、毎週1話ごとにツイッターにてつぶやいていました(初期は除く)。今回それらをまとめて一挙にここに掲載します。数字は話数、「*」は初めて読んだ当時に感想を書き留めていなかった話です。これらに関しては、初見時に抱いた思いをできるだけ再現して書きました。
 それでは、どうぞご覧ください。

=================================
*1:おお、何か面白そうなの始まったな。大食い女子高生の話か。新しいジャンルだな。

*2:1話2話と読んでみたが、この『てんむす』は人気出そう。女の子キャラも全般的にカワイイし。

*3:あらためての食い道部メンバー紹介。あの量のマカロン、どこから調達したのか。

*4:食い道部メンバー、私服で登場。ミートボールスパゲティ食べる天子が、本当においしそうな表情。

*5:天子と二子の交流タイム。これで少しは互いに分かり合えた、かな?

6:いよいよ大食い競技開始。あの大須のアイドル、腹黒すぎるわ。

*7:デブは大食いに向かない? じゃあ『みつどもえ』のみつばも……いや何でもない。

8:今週の第8話までが序章か。ちょうど単行本1巻分に収まる話数だ。早く単行本出んかな。

*9:天子の家族登場。爺さんは相当なジジバカのよう。それと天子、ドーナツ食いながら「食いしん坊やめる」……説得力ないわ。

10:辛いものが苦手な二子、あえてチゲ鍋に挑戦。その果敢さをほめてあげたい。

11:天食祭の全容が明らかに。今後の競技で、天むす・エビフライ・串みそカツは登場する可能性大だな。

12:部長と九士郎の過去が明らかに。これでひと通り主要キャラの紹介が出たわけだ。

13:主要キャラの紹介は終了。で、二子は今週どこ行ったん?

14:尾張大付属高の娘、巫女服が似合いそうだな。それと話の最後のほうで、何か汚ならしいものが目に映ったが、気のせいか。

15:相手校、むちゃくちゃ感じ悪いな。メンバーのひとりが完全にパシリにされてるし。ああ、味噌カツサンド食いたくなった。

16:「食い」と「喰い」の違いが明らかに。にしても、二子の扱いがカワイソ過ぎんか?

17:巻頭カラー! 連載17回目で早くも2度目の巻頭もらえるとは、大したものだ。やはりこの作品、じわじわ人気が出てきているのな。今週はタエちゃんのアホっぷりが際だっていた。

18:タエちゃんが不憫でならんな……桃香は見かけのわりに意外と大食いやれそう?

19:天子は本当に、大食い競技をやっているという自覚が全くないな。まあ予想された展開で1回戦は終わった。だが最後に衝撃が!

20:次の対戦相手校が登場したが、ここもなーんかイヤな印象じゃのう。それと花ぽん……見ていてこっちが悲しゅうなるのう。

21:競技はひとまず中休み。前半しんみり、そして最後のほうで……ああきたか! 作者は読み手の心理をよくつかんどる。

22:二子のウェイトレス姿は破壊力十分。純喫茶アラーキーには、山盛りナポリタンや厚切り小倉トーストといったメニューがありそうだ。

23:いよいよ2回戦開始。そして次号はまたもや巻頭カラーか! やはり人気上がっているようだな。こりゃアニメ化も遠い日のことではなさそうだ。

24:巻頭カラー! 1回戦では出番はしょられた二子が主役級の扱いだぜおい。長女体大付属のやんす娘、初登場時はめちゃムカついたが、今週の過去話を目にして、思わず感情移入。

25:二子がおやきを割って食べていた理由、こちらの想像どおりだったな。バトルもアツくなってきたし、オラわくわくしてきたぞ!

26:相手の顧問教師がめちゃイヤなヤツ。教え子をポンコツポンコツ言うなや。しかもよりによって、なぜ星野などという名前なんだ。仙一さんに失礼。

27:プライドに固執して己を見失ったか。あの場で冷静さを失ったらアカンわな。

28:無表情娘・荒川の事情が明らかに。そして彼女の「食」に対する考え方は至極正論。多少寂しい考え方ではあるが。

29:天子はホンマに人の話を聞かんやっちゃな。そしてひさびさ登場「んっまいよぉ」、このマンガはこの言葉あってこそ。

30:荒川はまさに精密機械だな。あそこまで食べることに対しクールにはなれん。あと天子、競技中いちいち相手に話しかけるな。荒川でなくてもイラつく。

31:相手の顧問の言葉はムカつく印象があるものの、いちいち正論。そして天子は……もうこいつアホやろ。

32:天子vs荒川戦決着。天子のアホさばかりが目立った試合だったな。荒川、君だっていつかきっと花を咲かせられるさ!

33:相手校の大将、無駄にカッコイイ。それしか言葉がない。目ひんむいた立浪部長は、イカ娘の千鶴を連想させた。

34:原田の先行逃げ切り戦法はやはりリスクを伴っていたか。立浪部長も丹田式呼吸法が使えないとくると、お互い苦しい戦いだな。ここはいっそ、両者ともに悶え苦しんで、淫らな姿を見せてくれ。

35:大将戦大詰め。立浪部長、何か複雑な家庭事情があるような描写があったな。今後それが話に絡むかどうかはわからんが。

36:原田さん、アンタ最後まで無駄にカッコよすぎ。最高だ! あと星野センセ、アンタ口は悪いが、教え子に対する忠告の的確さは見事だ!

37:荒川、顔怖えよ。でも言っていることは正論。そして案の定、花ぽん登場。さらにスガキヤまでも登場とは! さすが名古屋。

38:試合の合間回で、天子の友達登場。友達ふたりは今後、天子にいろいろアドバイスする存在になるんかな。

39:巻頭カラー! 以勢日輪高の部長、好印象のキャラで人気集まりそう。あと、遊は日輪の部長とくだらんことで張り合うな。

40:以勢日輪高食い道部は100年の伝統があってあのザマか。こういうのを「伝統にカビが生えた」と言うのだな。その部長ちんちくリン、容姿・しぐさ・セリフのすべてが可愛く見えるのは、なぜなのか。

41:烏井さんは地味さを前面に押し出すキャラか。ちんちくリンと対照的にしているのだな。そして女狐、いったい何を思い出した?

42:ああっ、天子があんなことに……ま、麻婆豆腐を一気に食べた時点で、予想はしていたが。

43:口の中の皮がずる剥けた描写、グロい。見ているこっちまでピリピリしているように感じちまった。

44:天子は相当打たれ弱い奴だったんだな。精神的にもろいようだ。

45:天子よりも、真面目に大食いに取り組むところが見てとれるリン&烏井さんに見入った。にしてもあの女狐、回を重ねるごとにムカつく印象が増してくる。

46:天子vs烏井決着。天子は今回のイタイ目にあった経験を今後に生かしてほしい……が、こいつは1週間たてば忘れてそうだな。

47:哲よ、痛くてつらくて悔しくて涙流している人間に対し、それはないやろ。そして九士朗がなんと天子の口の中に!? ってつい変な想像しちまった。

48:いやーリン、ホンマにかわいいわ。今週はおマヌケさも加わって、かわいさ倍増。立浪部長、リンに負けてやってくれ。

49:展開自体は地味なのに、対戦する両者は真剣な表情。作者はこの表情の描写が上手い。

50:もう完全にリンが主役。コラ子、エラそうなOGをぶっとばしてやれ。それはそうと、連載50回おめでとう。

51:リンさん&烏井さん、今までで一番好感持てる敵さんだったわ。そして女狐、ザマアミロ。

52:女狐の因縁については、あっさりとまとめたな。そして以勢日輪高は今後に希望ある締めでよかったと思う。

53:花ぽんの学校は地区随一の強豪だったのだな。当初はザコで初戦負けするものとばかり思っていた。失敬。そしてそこの部長、三ヶ月さんのフルネームも判明。

54:赤西さんの素性が明らかに。まるで「みつどもえ」のおがちんの兄さんみたいだ。そして付き添いの部員はチャラい奴だな。

55:天子が珍しくまともなこと言っていて、少し驚き。遊・二子・部長の願い事があまりに類型すぎ。あと、哲はいい加減入部しろよ。

56:尾張大付属の面々が顔をそろえた。ぐるぐるほっぺの子とメガネの後輩、ええなあ。このマンガ、どうして敵さんがこんなにも魅力的なのだろうか。

57:黄桜はホンマお祭り女やね。赤西ひなりんもブラコンみせつけた。個人的には尾張大付属に勝ってほしいなー。

58:序盤からこんなに真剣勝負でトバして終わりまでもつのか? それはそうと、この作品掲載順位がかなり後ろのほうになっているのだが……

59:普段おっとりさんの立浪部長が苦しそうにしている姿、見ている方には色っぽく見える。それはそうと、今回の対戦は回想がなかったな。まあ赤西に関しては、試合前に回想といえる話があったからな。

60:冒頭の立浪部長の失意の表情にそそられる。尾張大付属は次鋒に誰を持ってくるのか。

61:キョンキョンかわいいよキョンキョン。ぐるぐるほっぺの美少女キャラは希少だ。

62:二子もキョンキョンも、自分との闘いだと決意して勝負に挑むか。アツいな。あと、もうそろそろ二子(それと遊も)の過去話が出てもいいと思う。

63:二子とキョンキョン、お互い「自分は弱い」と思っている者同士の闘い。二子っちが真剣な表情でそそられる。

64:巻頭カラー! 二子vsキョンキョン決着。だが結局、二子の回想は出なかったな。遊の試合のときに、遊と二子セットでの回想になるのかもしれん。

65:次の試合は遊vsメイちゃん。なのでその次は必然的に天子vs紫乃さん。尾張大付属の面々で、紫乃さんだけ背負っているものが違っていそうなんよな。

66:メイちゃん、やはり作戦だったか。こいつはちと頭が切れる奴だな。体力バカの遊は苦戦しそう。

67:九士朗、メイちゃんの食い方肯定しちゃうのかよ……せめてこいつには「何て卑劣で無礼なんだ!」と怒りをあらわにしてほしかった。食いと喰いのときみたいに。

68:やはりメイちゃんのあの食い方は糺されて然るべきだわな。次はいよいよ天子vs紫乃さんか。

69:いよいよ天子&紫乃さん戦いの場へ。食べるのは大食いフード定番中の定番の品。紫乃さんに秘められた謎は何なのか。

70:天子vs紫乃さん、わんこそば対決開始。紫乃さん、何か背負っているのかと思ったら、単なる負けず嫌いかよ。

71:天子vs紫乃さん対決の途中だが、今週の話までが単行本8巻収録分。単行本派にとっては「また続きは次の巻かよー」と言いたくなる流れ。

72:天子vs紫乃さん大詰め。今週の話で、天子はついに大食いの選手として覚醒したとみてよいのか?

73:vs尾張大付属、決着。両チームとも涙、涙。さあ、そこから一歩前へ。

74:ひさびさ花ぽん登場かと思ったら、何じゃこの急展開は。これ思い切り終了フラグやんけ。

75:龍聖、相手に対してすげえナメくさった態度で、失礼でないかい? 結日にとっては、そりゃ相当な屈辱だわな。

76:本戦前のほのぼの展開。おかげ横丁は最高の食べ歩きスポット。そりゃ天子の本性が出るっての。

77:気ィ持たせるなおい。ここまでベールに包むかよ。あと、「以勢」というのは、鳥羽のさらに向こうにある架空地名なのか?

78:ついに事実上の巻末か…ここはひとつ、天食祭本戦をキレイに締めていただきたいところ。

79:天食祭本戦開始。今度は全チーム一斉で競技か。しかし食べるものがこれまたベタですなあ。

80:各地方代表が次々と顔見せ。なんかどこも、各地の安易なイメージ先行のキャラづけだな。沖縄がなんくるないさーとか、大阪が銭勘定とか。

81:何か進行が急に速くなったな。こりゃあと8話ぐらいで終了かな……にしても、三ヶ月さんは本当に真の実力がわからん人だ。

82:1回戦終了。暑さが勝負の鍵となったか。次回からはまた新展開となるが、今は以勢が舞台なのだから、そろそろリンちゃん再登場してほしいなあ。

83:2回戦はあっと驚く急展開。東京青葉のマリー、いちいち結日のことを「おまけ、おまけ」って、いい加減ウザいわ。

84:ひさびさの「んっまいよ~」、三ヶ月さん覚醒、キャラが天子に近い島袋さん、基本的な考えは天子に近かったマリー。

85:揃いも揃って鬼の形相大会やな。あと、マリーはどこまで見る側を不愉快な気分にさせるのか。

86:いよいよ終結までのカウントダウンに入った模様。花ぽんが忘れられてなくてひと安心。あとマリー、お前いい加減にしろよ。

87:天子マジ顔の連続。かつてのアホの子天子の面影なし。そして最終決戦の食べ物、タイトルにちなんで天むすだろうと予想していたが!! まったく意表をつかれた。

88:スリップストリーム効果によりオーバーペースで食べ進める天子。そしてここにきて、花ぽんに花を持たせるか。で、「てんむす」は次号で終わりとも何とも書かれていなかったが、まだ続くのか? それともやはり次号で終わり?

89:天子に一番惚れていたのは、花ぽんだったということか。今回の話が収録される単行本10巻、背表紙は花ぽんに決まりかな。そして次回いよいよ最終回! 師匠と入れ替わりのような格好になったな。

90(最終話):最後に花!花!花!終盤駆け足の展開だったのは否めなかったが、最後キレイにまとめたと思う。終わりまでそれなりに楽しませてもらった。1年10ヶ月の間、ありがとう!
=================================

 ここまで付き合って読んでくださった方、ありがとうございました。なお『てんむす』は最終巻となる単行本第10巻が、年が明けてから1月8日に発売となります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/tb.php/577-306fb754

 | HOME | 

 

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter

エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。



過去のつぶやきはツイログで。

自作小説

風の世界へ進め!
~あるアスペルガー少年の挑戦


μ's岡山ステージ
 【『ラブライブ!』二次創作小説】


いざなわれてファジアーノ

Aqoursキャラチェンジ!
【『ラブライブ!サンシャイン!!』二次創作ショートショート】


↑私が書いた作品です。おヒマならどうぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

最初のごあいさつ (1)
ボートレース/全般 (166)
徳山の話題ピックアップ (30)
ボートレース/舟券勝負 (136)
舟券勝負2009 (14)
舟券勝負2010 (22)
舟券勝負2011 (23)
舟券勝負2012 (20)
舟券勝負2013 (17)
舟券勝負2014 (13)
舟券勝負2015 (12)
舟券勝負2016 (10)
舟券勝負2017 (5)
ボートレース/動画 (13)
ボートレース/レース場訪問記 (155)
桐生 (8)
戸田 (6)
江戸川 (7)
平和島 (10)
多摩川 (7)
浜名湖 (8)
蒲郡 (7)
常滑 (10)
津 (7)
三国 (4)
びわこ (5)
住之江 (11)
尼崎 (5)
鳴門 (8)
丸亀 (11)
児島 (6)
宮島 (4)
徳山 (4)
下関 (5)
若松 (4)
芦屋 (5)
福岡 (5)
唐津 (4)
大村 (4)
オートレース/全般 (16)
オートレース/車券勝負 (13)
オート車券勝負2015以前 (4)
オート車券勝負2016 (6)
オート車券勝負2017 (3)
オートレース/レース場訪問記 (47)
船橋 (10)
川口 (9)
伊勢崎 (5)
浜松 (11)
飯塚 (6)
オートレース大阪 (6)
競輪場訪問記 (29)
岸和田 (7)
四日市 (4)
立川 (5)
松戸 (4)
小倉 (5)
富山 (4)
スタジアム訪問記/シティライトスタジアム (28)
スタジアム訪問記/その他 (57)
阪神甲子園球場 (15)
西武プリンスドーム(メットライフドーム) (5)
QVCマリンフィールド(ZOZOマリンスタジアム) (6)
ほっともっとフィールド神戸 (3)
京セラドーム大阪 (4)
わかさスタジアム京都 (2)
花園ラグビー場 (6)
ヤンマースタジアム長居 (4)
西京極スタジアム (5)
長良川競技場 (3)
フクダ電子アリーナ (4)
Bリーグ観戦記 (8)
伊勢路旅行記 (3)
自閉症・発達障害/全般 (103)
自閉症・発達障害/ピックアップ (24)
当事者間の「内ゲバ」問題 (14)
発達障害児に有害なアカ教師 (10)
酒と私 (12)
マンガネタ (19)
野球ネタ (15)
スポーツネタ (32)
食べまくり! (10)
その他いろいろ (86)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん