2012-09-17

ボートレース多摩川訪問記・1

 2012年9月15日、私は東京都府中市にあるボートレース多摩川へと行ってまいりました。
 このBR多摩川、私にとっては全国24場のうちの最後の訪問となりました。すなわち、今回のBR多摩川訪問により、全24場踏破となったわけです。


 JR中央線・武蔵境駅から伸びている、西武多摩川線。BR多摩川は、この路線の競艇場前駅が最寄駅です。
 この西武多摩川線は、他の西武の路線とはいっさいつながっていません。西武の中では完全なる孤立路線。つながっているのはJR武蔵境駅のみです。なぜにこの場所に、ぽつんと西武の路線があるのでしょうか? 謎です。
 西武多摩川線は武蔵境と是政を結ぶ、駅数6の短い路線。本数も1時間に5本くらいの割合で、単線です。ゴトゴトと住宅地の中を走っていく電車は、まるで首都圏のローカル線のような雰囲気を感じました。
 なお競艇場前駅は、終点の是政駅のひとつ前です。

 そして競艇場前駅に到着。ここからBR多摩川までは、屋根つきの連絡通路があります。ここを行けば、間違いなくBR多摩川までたどり着けます。駅は競走水面の南側にあり、ここを出ると水面の東側(1M側)の横を行って正門までいく格好となります。
 駅を出たところで、その連絡通路からもう↓このようにスタンドが見えます。
 tamagawa_br5

 で、BR多摩川到着。「多」の字が木で隠れてしまいましたが……
 tamagawa_br6
 
 今回、事前にスポーツ新聞を購入したのですが、書かれている内容が簡素すぎて予想をたてにくかったので、結局入場前に予想紙を買いました。東京で買うならやはりこれですね。『ファイティングボートガイド』
 tamagawa_br7

 いざ入場。はい、これで私は全24場踏破を成し遂げました。
 正門から入場すると、右手に植え込みがあり、そこにはなぜか大時計があるのです。この大時計の前には何種類かの花が植えられていました。これが本当の花時計?
 tamagawa_br8

 正門からまっすぐ歩いていくと、やがて目の前には大空間が。ここ、スタンド1階はかなり広々とした空間が取られています。それは、発売窓口や発券機・払戻機、食堂売店等がフロアの中央になく、端のほうに集約されているためです。こうしただけで、かなり広く感じられるものなのですね。
 1階には↓こういった大画面モニターテレビが。
 tamagawa_br9

 ここにはレースの模様はもちろん、オッズや払戻額も映し出されます。この写真はちょうど払戻額が表示されているところです。

 大まかにスタンド1階を見たところで、今度は競走水面へと行きました。「日本一の静水面」と謳われる水面、いったいどれほどのものなのか、との思いを抱きながら。

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード