2012-07-04

テレビ出演依頼、私もされたが……

 今週、テレビ番組で発達障害のことが取り上げられたとのことで、ツイッターの一部ではその話題で持ちきりとなっていました。
 実をいいますと、この私もかつて、何度か福祉関係の番組やドキュメンタリーに、テレビ出演を依頼されたことがあります。当事者活動を積極的におこなっていた当時のことです。

 しかし、私はどのテレビ出演依頼も、すべてお断りしました。

 それはなぜなのかと申しますと……「自分の実像がゆがめられる」との危惧があったためです。テレビというものは、作り手の思惑によって、自分の意思とは異なる実像を作り上げられる恐れがある、そう感じていたのです。
 容易に想像できるのです。私という人間をいかにも「これが自閉症スペクトラムの代表例だ」といわんばかりの虚像を作り上げ、自分たちに都合のいい番組作りを、私の知らないところで進めていく。その結果、私は自分の意思に反したキャラクターにされてしまい、それが世の中に流されてしまう。
 それがイヤだったのです。テレビという媒体を通して、本来の自分とは違う自分にされてしまうことが。

 もうここでいっそ打ち明けてしまいますが、私はNHKの福祉番組からも出演依頼がありました。これもお断りしましたが。
 その際、電話で担当の方とお話をしたのですが、私の趣味についても質問がありました。ボートレースだと答えると、それだと住之江にも行かれるのですねといったことを言われました。
 このとき、向こうがどんな番組構成にするのか、うすうす見えてきました。おそらく次のような内容とするつもりだったと思われます。
  •  私が自宅にてインターネットで他の当事者と交流している様子を映す
  • 私が普段やっている仕事の様子を映す
  • 私が住之江ボートレース場でレースを見ている様子を映す
 こんなことをテレビで流されては、たまったものではない。そう感じました。
 もしこんな様子が放映されたら、勤め先からクビを宣告されるかもしれない。住之江ボートレース場にも気軽に出入りできなくなるかもしれない。そういった危惧を感じ、担当の方には
「私自身、テレビに出演する意志はございません。申し訳ありませんが」
 と、丁重にお断りの言葉を送ったのでした。

 今思うと、この判断は正解でした。
 あのときテレビ出演を断ったことで、現在の平穏な生活を送ることができるのです。これがもし、ヘタに出演を了承していたなら……クビになったり、住之江で他の客からなんやかんやと聞かれたりと「平穏」は失われていたかもしれません。私は当事者活動よりも、そういった普段の平穏な生活を尊重したい人間なのです。
 当事者活動も以前に比べて目だった活動をしなくなりましたが、これも今の私にとっては好都合です。当事者活動よりも、自分が普段の業務で社会を支えることのほうが、はるかに有意義だと気づかされましたから。

 でも、自閉症スペクトラム当事者としての情報発信は続けていくつもりです。こういう当事者もいるんだという「一例」として。
 私はあくまで「一例」でい続けます。「代表」にはなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード