2012-06-26

ボートレース芦屋訪問記・3

 ボートレース芦屋にある多目的ホール「夢リア」。ここの上には展望ラウンジがあります。ここからBR芦屋の周辺を見渡すことができるのです。
 展望ラウンジへは、夢リアにあるエレベーターで行きます。スタンドは3階建てですが、展望ラウンジは地上5階の高さの場所にあります。
 で、展望ラウンジにたどり着きました。ですが、ここに来ている客は少なめ。こんなに眺めがよさそうな場所で、かつ競走水面を見下ろせる場所なのに、なぜなのだろうか?と疑問に思いましたが……その理由はしばらくしてからわかりました。
 私が展望ラウンジに上ったときに、競走水面ではレースが始まりました。なので私は、ここからレースを観戦してやれと窓の外から見たのですが……

 ホームストレッチがスタンドの屋根に隠れて、見えないのです。

 これでは楽しみも半減です。レースのスタート・ゴールを含むホームストレッチが見えないのでは、レースを観戦している気分には到底なれません。どうりで展望ラウンジに来る客が少ないはずだと、このとき納得したのでした。

 しかしこの展望ラウンジ、「周囲を高い場所から見渡す」という展望台の役割は果たしています。ここから周辺を眺めると見えるもの。航空自衛隊芦屋基地の滑走路。遠賀川の流れ。民家がぽつぽつと点在し、あと畑がちらほら。BR芦屋は、そういった場所にある公営レジャー施設です。


 その展望ラウンジがある夢リアでは、この日加トちゃんこと加藤茶さんのトークショーがおこなわれました。ドリフターズが好きな私としては、このイベントは今回の芦屋行きの楽しみのひとつとして、期待していたのでした。
 7R発売中、いよいよ始まりました、加トちゃんのトークショー。加トちゃんは登場するや否や、
「私が芸能人の加藤茶です」
 と、最初のつかみ。さらに
「日本でいちばん幸せな男」
 と、自分で言いました。
 トークショーでは、加トちゃんがかつて芦屋で万舟をゲットした話が披露されました。加トちゃんは結構ボートレース好きなのです。
 そして話題はドリフターズメンバーの話に。加トちゃんはこんな話をしました。

「仲本工事は、私が結婚する前から、相手と同棲を続けていたんですよ。それで私が結婚を発表してから、あいつも結婚発表したんです。あいつは汚いやつなんです」

「どなたか高木ブーと結婚する方はいませんか? あいつ結構財産持ってますよ。保険も入ってますし。あいつ今80歳ですから、結婚して数年で金が手に入りますよ」

 この加トちゃんの話に、私は大笑いしました。
 高木ブーさんのネタはひとつ聞くと不謹慎と思えますが、これは何よりも、加トちゃんが他のドリフメンバーと強いつながりがあるからこそ、できるネタだと思います。
 それと高木ブーさんが、こういった不謹慎と思えるネタに対しても、おおらかでいられることも大きいと思います。何せ、かつて筋肉少女帯が『元祖高木ブー伝説』を歌ったことに対しても、高木さん本人は「やらせてあげればいいい」と言っていたぐらいなのですから。

 加トちゃん、一度病に倒れたとは思えないくらいに、元気な姿を見せていました。今回ステージに出たときの服装も、70歳近いとは思えないくらいに、若々しいファッション。歳の離れた奥さんを持って、若返りしたのかもしれません。
 あー、昔あったテレビ番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』が脳裏によみがえってきましたー!! そのときのネタをも思い出されて、私はこのわずかな時間でも、相当な快楽の気分を味わうことができたのでした!!

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード