2012-06-04

歯の磨き方は時代とともに変わる

 今日から歯の衛生週間ということで、全国の幼稚園・保育園・小学校の多くで、歯磨き指導がおこなわれたのではないかと思います。
 で、この歯磨き指導で教わる歯磨き方法、現在では「歯ブラシを歯に当てて細かく横に動かす」方法が主流となっているといいます。専門的な言葉ですと、スクラビング法・バス法と呼ばれる磨き方です。

 これが私の小学校時代は違いました。「歯の表側を磨くときは、歯を噛み合わせて円を描くようにクルクルと動かす」と教えられました。フォーンズ法という磨き方です。しかしこの方法は今では主流ではないようです。
 まあそれもそうでしょう。このフォーンズ法では、歯の表面は磨けるでしょうけど、最も汚れがたまりやすい歯と歯茎の境目はほとんど磨けませんから。結果、歯周病の予防には不向きな磨き方といえます。
 また、それよりも昔になりますと、ローリング法と呼ばれる「歯ブラシを歯の下から上、上から下にクルンと動かす」方法が主流だったようです。これもまた、歯と歯茎の境目を磨くには不向きです。ゆえに廃れました。
 そういう経緯をたどっていって、現在は歯と歯茎の境目を磨くのに有効なスクラビング法・バス法が主流となったわけです。

 しかし、ここでふと思いました。
 今スクラビング・バスが主流となっているということは、じゃあ私がこどもの頃に教わった磨き方は、いったい何だったのか? あのとき教わった磨き方が否定されるということは、私たちは正しくない磨き方を教わっていたということになりはしないのか?
 ……ま、深く考えるのはやめにしましょう。もう昔のことですし。それよりも、今の正しい磨き方で、今ある歯を健康に保ち続けることのほうが、より自分のためになります。8020を目指しましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード