2012-04-14

ボートレース鳴門訪問記・5

 ボートレース鳴門場内の食べ物は、わりあい充実しているほうだと思います。
 まず、1階1M側には↓このように食堂が7店、軒を連ねています。ちなみにこの一角には無料の休憩所もあります。
 naruto_br27

 私はこのうちの『喜久屋食堂』に入り、そこで鳴門の名物とうたわれている「鳴門うどん」350円を注文して食べました。
 naruto_br28

 このうどんは細い麺なのですが、そのわりにコシがあって歯ごたえもありました。ダシ汁も変な甘みがなく、ほどよい塩味に仕上がっていました。さらにこのうどんには、お好みでとろろ昆布・削り節・天カスもトッピングでのせることができます。

 ここから反対側、2M側へと行ってみますと、天ぷらを販売している店があります。天ぷらは種類がかなり豊富。開場に合わせて入場すれば、揚げたてを食べることができます。
 ここで販売されているのは天ぷらだけでなく、コロッケやミンチカツなどの揚げ物もあります。
 そのほか、中には↓こういったものも。
 naruto_br29

 これは串に刺したソーセージにパン生地を巻いて、それを油で揚げたものです。商品名は「マキマキ」130円。食べてみると、アメリカンドッグとホットドッグの中間のような味がして、なかなかいけます。
 ちなみに、この天ぷらの店では従来のアメリカンドッグも販売されています。ただしこれ、商品名がなぜか「ホットドッグ」なのでした。私の認識では、

 アメリカンドッグ:
   串に刺したソーセージにホットケーキ生地をつけて揚げたもの

 ホットドッグ:
   細長いパンにソーセージをはさんだもの

 なのですが、徳島では認識が異なるのでしょうか?

 で、私はここで、マキマキだけでなく鳴門金時イモの天ぷら100円・ミンチカツ100円を買い、それとあわせてビールもいただいてしまいました。
 ここ鳴門ではビール・日本酒が販売されていますが、販売時間の制限があります。アルコール類の販売は14時30分までと決められており、それ以降は販売されないのです。このような制限を設けているのは珍しいと思いました。

 そのほか、1階南側の売店では「鯛ちくわ」が売られています。
 naruto_br30

 これは売店で実際に焼いているものです。1本150円。酒のつまみにいいです。
 あと、2階にはお好み焼きを販売している店があります。そこのお好み焼き500円は、中の具がキャベツと豚肉・卵に加えて、エビやイカも入っているという、いわばミックスといえる一品。私は個人的におすすめしたいですね。


 さて、今回こうしてBR鳴門を訪問しましたが、ここはひと昔前の雰囲気を体感できる場でした。それがかえって魅力となっていて、また場内の食べ物もわりと豊富なことで、私の中ではお気に入りの場のひとつに入りました。
 そんな鳴門で、なかなかSGが開催されないのが不思議でなりません。来年度はぜひ、鳴門でSGが開催されるといいのですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード