2011-10-12

ボートレース平和島訪問記・3

 ボートレース平和島の場内を歩いていて、気づいたこと。それは「ハトが多くやって来る」ことです。スタンドの外はもとより、ときにはスタンド内にまで歩いて入ってきていました。
 ハトが多くやって来るということは、フン害などさまざまな弊害があることでしょう。そのためか、場内にはあらゆるところに「鳥にエサを与えないでください」との注意書きがありました。さらに大時計付近には「スリット撮影に影響しますので、鳥にエサを与えないでください」と、より踏み込んだ注意呼びかけが書かれていました。
 平和の象徴であるハト。平和島ゆえにやって来るのでしょうか。しかしここでは、平和の象徴も迷惑な存在でしかないようですね。

 さらに場内を探索していきますと、入場ゲートから奥へと入っていったところに「ベイプラザ」と呼ばれる空間があります。はい、ここでも「ベイ」の言葉が使われています。これですから「ビースター」と間違えてもおかしくありませんよねえ。
 それはさておき。このペイプラザは3階建てで、中には休憩所・女性子どもルーム・グッズ販売所が入っています。そしてここでも舟券購入が可能です。
 ベイプラザ1階には、↓このようなものがありました。
 heiwajima_br11

 ペットボトルで作ったボートです。エコ活動の一環として作られたそうです。
 このボートの艇番が6なのは、もしかすると、エコ→緑化→緑→6号艇という連想からでしょうか。

 あと、BR平和島は予想紙を場内で販売しています。イベントステージの後方に「ボートレース研究」「競艇ニュース」「ファイティングボートガイド」の売場があります。
 これは、私が8月に行ったBR戸田でも同様でしたね。


 そうこうしているうち、1R開始約1時間前になって、イベントステージでは『仮面ライダーフォーゼショー』の始まり。ステージ前には、お子さん連れの家族を中心に集まっていました。
 BR平和島のイベントステージは、うまい造りになっていると感じました。上がテント屋根となっていまして、晴れた日ならば天から光が差すため、ステージを明るくする効果があります。またイベントをおこなうにふさわしい、ちょうどこのライダーショーをおこなうに適した大きさのステージです。
 これが住之江や尼崎だと、こうはいきません。住之江のイベントステージは、はっきりいって小さくてショボいです。せいぜい歌のステージやトークショーをするのが精いっぱいです。それゆえライダーショーのようなキャラクターショーは、2M側芝生広場に特設ステージを設けておこなわれるのです。
 尼崎にしてもそうです。野外ステージは大きめで、キャラクターショーができるぐらいですが、いかんせん上が金属製の大屋根。光がひとつも入ってきません。なので尼崎のステージでのイベントは、もっぱら人工光に照らされるのです。

 話を戻して。その『フォーゼ』のショー、進行役のオネエさんのハツラツとした話し声での進行と、観覧しているお子さんたちの「ガンバレー!!」といった無邪気な声援とともに、約30分で終わりました。
 その後ステージに上がったのは、吉本興業所属のお笑いコンビ、ロシアンモンキーでした。彼らがこれから何をするのか。お笑いライブ? いえ、実はそうではなかったのです。

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード