2011-10-04

今なら書ける、桐生へ行ったときのウラ話(後編)

 前編は→ http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-415.html

 やっとの思いでJR桐生駅に着いた私は、この周辺にネットカフェがないか探しました。今晩はネットカフェで寝泊りするつもりにしていたのです。
 人が多く集まる駅周辺ならネットカフェのひとつやふたつぐらいあるだろう、そう思っていました。
 しかし……探せど探せど、ネットカフェが見つからないときました。どうやら桐生は、駅前にネットカフェがないようなのです。あまりに甘い見通しでした。よく探せばあると思い、ひたすら駅周辺を歩きましたが、やはり見つかりませんでした。
 このとき、腹がかなり減ってきていまして、駅前の食べ物屋の数々に吸い寄せられそうになりました。ネットカフェは見当たりませんが、食べ物屋は数多くあるのです。しかしここは、それよりもまず寝泊りできる場所を見つけるのが先だと考えまして、ぐっと耐えたのでした。

 21時ごろにボートレース桐生を出て、それからエッチラオッチラ歩いていって、ようやく桐生駅までたどりついたのが、22時を回った頃。雨が降っていたこともあって、体力をかなり消耗していました。加えてその後、無駄な労力としかならなかったネットカフェ探しに約30分かけてしまい、さらに体力を消耗することとなってしまいました。
 いくら探してもネットカフェが見つからず、どうしようかと途方に暮れながら、私は桐生駅へと戻り駅構内に入りました。ふと改札口付近にある時刻表に目をやると、そこには「高崎方面」の文字が。
 ここで私は考えました。高崎は新幹線が乗り入れる駅。それほどの駅がある街ならば、ネットカフェがある可能性は高いだろう、と。ならば高崎まで行こうと決めました。再度時刻表を見ると、両毛線高崎行きの最終は22時39分。もうすぐです。それを知って、私は急いで切符を買いました。そして運よくその高崎行き最終に乗ることができました。
 電車に乗った私は、このときもう汗だくになっていました。雨による湿気と、長時間歩き続けたことによることと、ネットカフェが見つからない焦りとが入り混じった、非常に気持ちのよくない汗でした。もう10月に入ったというのに、こんなに汗だくになるとは、思ってもいませんでした。

 電車は1時間あまりで、終点の高崎に到着。駅の外に出てみると、想像どおり桐生よりも大きな規模の街。ここならネットカフェがありそうです。
 私は、さっそくここでネットカフェ探しをしようと思いました……が、なにぶん腹が減ってノドも乾いて、私の体はエネルギー補給を求めていました。そこでまずは、駅近くのファミレスに入り、そこで食事をすることにしたのです。
 ファミレスでは靴を脱いで、足を向こう側のイスに置いて座りました。何せこれまでずっと歩いてきたものですから、もう足が疲れてしょうがなかったのです。行儀の悪い行為ですが、今は深夜の時間帯。客も少ないということで、人目は気になりません。もうとにかく、足を休ませたかったのです。
 食事中に、ふとこんなことを考えました。このファミレスは24時間営業だから、もういっそ朝までファミレスで過ごそうか?と。
 しかしこの場所で寝るのは相当迷惑となります。かといって朝まで起きられなどしません。何せこの日は、朝早く大阪の自宅を出て、実に20時間も起きて動き続けているのです。少しでも睡眠をとらないとぶっ倒れそうです。結局、私は食事が終わるとファミレスを出て、あらためてネットカフェを探すのでした。

 それから歩き回って……ついに見つけました、ネットカフェを!
 安堵の思いで中に入り、手続きを済ませてブースへ。ブース内のイスに座った瞬間、私の体から一気に力が抜けました。よかった、これで今夜は寝泊りできる、そんな安心感が私を包みこんでいたのでした。
 そのネットカフェにて、朝に↓の記事を書いて上げたのも、今ではいい思い出です。

 桐生 SG第57回全日本選手権 2010-10-10
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-239.html

 ……とまあ、初めてのBR桐生訪問のあと、こういったことがあったという話でした。それで私にとっては、桐生は大変思い出深い訪問地となったのです。もうなかなか忘れられないでしょう。
 このとき、私は自分がいかに事前に下調べもせずに、考えなしに行くという無謀な行動にでていたかを、とくと痛感したのでした。まったく無事に進んでいけたのが、自分でも驚くほどです。どこかで神様の御導きがあったのでしょうかねえ。

 今度行くときは、このときの反省を生かして、事前に下調べをする、経路をよく確認するなど、無駄のない安全な行動に出ることを心がけます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード