2011-07-29

ボートレース三国訪問記・4

 地方のレース場に行きますと、その土地での名物料理に出会えることがあります。それはボートレース三国にもあてはまりました。

 BR三国の1号館には「三国売店」と呼ばれる、比較的広い面積がとられたフードコートがあります。いえ、ここはフードコートというよりも「町食堂」といったほうがいい雰囲気です。
 その三国売店で売られているメニューのひとつが、↓このソースカツ丼です。
 mikuni_br7

 ソースカツ丼はここのみならず、福井の名物料理なのです。以前BR桐生に行ったときにも、そこで「名物」と謳われていたソースカツ丼をいただきましたが、どうやら三国のほうが本家といえそうですね。
 ボリュームたっぷりで、これ1杯食べれば腹はじゅうぶん満たされます。味噌汁と漬物もついて、一人前800円。
 この値段を目にして、仰天した方もいらっしゃることでしょう。実は、ここBR三国の食べ物飲み物は、異常に高い値段がつけられているのです。何せカレーライスが600円するほどですから。
 なお、カツ丼はソースカツだけでなく、従来の卵でとじたものも売られています。しかし値段は変わりなく、800円です。

 あと福井は、そばも独特のトッピングがあります。

 mikuni_br8
 ↑こちらは三国売店内で売られているかけそば(450円)ですが、上になにやら白いものがのっかっています。
 これは大根おろしです。福井では「おろしそば」と呼ばれるものがあり、そばの上に大根おろしをのせて食べるのです。従来のおろしそばは冷たいそばですが、かけそばにも同様に大根おろしがのっているのです。
 そばは元々消化によい食べ物ですが、大根おろしをいっしょに食べることで、より消化によくなる、ということですね。

 ソースカツ丼とおろしそば、私はBR三国でふたつの福井名物をいただいたというわけです。

 そして、BR三国のアルコール事情について。
 BR三国は、アルコールにとてもおおらかな場です。ビールはもちろんのこと(生・缶の両方あります)、缶チューハイにカップ酒までも売られています。私が今まで見てきたボートレース場の中では、びわこが最もアルコールを数多く販売している場でしたが、三国はそれに匹敵するほどです。これは酒飲みにはたまらない空間だといえるでしょう。
 ただ、これらアルコール飲料に関しても、値段は高めに設定されています。ビールは生が500円、缶は400円。チューハイでさえ300円です。


 今回、こうしてBR三国へと行きましたが、季節は夏でした。夏だと、他のレース場と雰囲気があまり変わりないのです。
 しかし冬は違うと思います。三国は北陸・福井にあるだけに、冬には雪がちらつくこともあります。
 できるなら、今度は冬に訪問して、そんな雪がちらつく中でのレースも生で体験してみたいなあ……とも思うのでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード