2011-06-29

ボートレース児島訪問記・3

 ボートレース児島で特徴的なもの、それはスタート展示前と舟券発売中に流れる「CGアニメ」です。
 BR児島のマスコット、ガァ~コを初めとするガァ~コファミリーが、場内のモニターテレビにてCGアニメという形で、さまざまなパフォーマンスを見せてくれるのです。

 次のように、場内全体にCGアニメとして流れていきます。


・スタート展示開始前

「迫力満点! やっぱり生で見るレースは違うねー! スタート展示が始まるよ!」


・発売開始時

 軽快な音楽とともに、
「勝負は腕力だけで決まらないぜ! 発売開始だよ!」


・締め切り5分前

 ガァ~コがペラを叩く場面が映し出される。


・締め切り3分前

 女キャラが登場して、
「わたしのかわいいモーターちゃん、もっとパワーアップしてあげる。これで直線はブッチギリよ。締め切り3分前よ」


・締め切り1分前

 大時計がハト時計のようになり、キャラが現れては引っ込む、を繰り返す。


 BR児島は、こういったキャラクターを押し出す路線で売り出しているようです。スタート展示や締め切り○分前かをCGアニメでお知らせするなど、ここの他に見たことありませんでした。
 こうやって文章で書いても、おそらく具体的にどのようなものか、想像するのは難しいことでしょう。なので、ぜひ実際に現地児島まで行って、実際にご覧になることをおすすめします。


 BR児島の場内実況アナウンサーは、聞いたところ「絶叫型」だなと感じました。実況をしているうちにアツくなる、そんな印象を受けました。
 その場内実況について。ここ児島は実況に加えて「場内解説」の担当も隣に座って、読んで字のごとく場内で解説をしていきます。そしてその実況と解説は、レース中に限りません。舟券発売中でも、これからおこなわれるレースの展望や予想などで、ひっきりなしに実況と解説がおこなわれるのです。これが1R開始から全レース終了まで続くことを考えると、児島の実況は息つくヒマもなさそうだなあ……と思ってしまうのでした。

(続く。次で終わり)


 おまけ。↓BR児島場内のトイレに張られていたもの。
 kojima_br31

 つまり、場内のトイレはほとんど和式ということですね。やはりここ、昭和の匂いを感じさせるレース場です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード