2011-05-25

ボートレース津訪問記・3

 舟券を購入する際に記入する、マークカード。津ではまだ24場共通タイプではなく、津専用のマークカードでした。
 しかし、このマークカードが、ちとクセモンでした。
 2R購入時、私は次の組み合わせを購入することにしました。

    

 つまり、をアタマに、2着ヒモは、3着ヒモはをつなげる組み合わせを購入することになります。
 この場合、いつもなら「ながし・ボックス」のカードを使用して、「ながし」の欄に、1着、2着、3着と記入します。
 それでここ津でも同じように記入して投票機にカードを入れたのですが……「枠番が正しく記入されていません」と音声が流れて、戻されてしまいました。
 そんなバカな、と思いましたが、津の「ながし・ボックス」カードをよくよく見ると……
「1着と2着、1着と3着、2着と3着を1点ずつ、あとは何通りでも購入できます」
 といった内容が記されていたのです。つまり津では、いまだ「ながし」は1点指定を2つしなければ購入できないということなのです。
 これは調子狂いましたねー。いまだに「ながし」が1点指定2つのみとは思いませんでしたから。
 津も早いうちに、24場共通マークカード対応にするべきだと思います。

 マークカードといえば、もうひとつ。
 購入時カードが2枚にわたったレースでのこと。私は投票機にカードを2枚まとめて入れました。しかし受けつけたのはカード1枚分のみ。もう1枚はなぜかキャンセル扱いとなり、その分の金は戻ってきました。
 あれ?と思ってカード挿入口をよく見ると……次の注意書きが。
「カードは1枚ずつ入れてください」
 何と不便な造りか!と思わずにいられませんでした。結局そのときは、もう一度あらためてカードに記入をして、残りの分を購入しました。
 これもまた、普段複数枚まとめて入れることに慣れていたため、ここでも調子を狂わされてしまいました。この点でも改善の必要があると思います。

 そして投票機。津の投票機は、金を入れてカードを入れると、モニター画面に購入する組み合わせが表示されます。
 まあここまではどこも同じなのですが、津の場合はここで「内容がよろしければ、発行ボタンを押してください」と、確認を求められるのです。記入に不備がない場合でも、常にです。
 これはよいことかな、と思いました。記入した組み合わせが実は間違っていた、ということはよくあることですし、購入時にこうして確認を求められるのは、思いやりがあるかな、と思います。


 このボートレース津では、2Rと9Rが特色あるレースとなっています。
 まず2Rは「2(ツ)ッキーレース」号艇がA級選手、あとはB級選手のレースです。つまりが1着となる確率が高いレース。
 それゆえ私は、このレースをアタマで買った次第ですが……この日は意外にもが1・2着に入りまして、万舟と相成ったのでした。
 9Rは「進入固定競走」スタート時の進入コースが艇番どおりと最初から決まっているレース。これで予想はしやすくなるのですが……堅い配当ばかりになる傾向が強まってもくるのです。
 この日の9Rもまた、という、非常に堅い組み合わせ。私は的中させましたが、3連単の配当がわずか550円でした。

 とはいっても、こういった特色あるレースを企画すること自体は、いいことではないかと思います。
(続く。次で終わり)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード