2011-05-19

奈良のお母様からお返事をいただきました

 以前↓こちらにて、奈良で体罰被害に遭った男子児童とそのお母様の話を取り上げました。

 奈良市教育界の隠蔽工作員たち 2011-03-02
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-316.html

 よくもまあヌケヌケと 2011-05-09
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-353.html

 5月9日の記事を書いた後、状況がまた悪化したとの記述が、お母様のブログに書かれていました。
 これから頼りにするつもりだった支援学級の担任教師が、5月に入って休職してしまったとのことでした。
 その結果、息子さんは不登校気味となり、さらには自分で自分の髪の毛を抜く行動をするようになってしまった、とお書きになっていました。

 これを目にして、私は即座に思いました。
「この子は、ひょっとしたらフラッシュバックも併発しているのでは?」
 体罰事件が起こったのが、昨年の5月でした。となると、その時期を思い出して、被害にあったときのことが頭によみがえって、それも自傷行為の要因となっているのではないか、と。

 もういてもたってもいられず、私は↓のコメントを、お母様のブログに書き込みました。

はじめまして。私は息子さんと同じ障害を持つ成人男性です。
同じ自閉症当事者として思ったのですが、息子さんはフラッシュバックも併発してはいないでしょうか。
体罰事件が起こったのが、昨年の今頃ですよね? そうなると、昨年のこの時期に起こった忌まわしい出来事が脳裏によみがえって、それが精神的な苦痛を引き起こしているとも考えられます。
この私も、かつてある者からネット上で執拗な誹謗中傷をされたことがあります。その時期が脳から離れず、毎年その当該月になると精神的に不安定になります。
私自身がこういった経験をしていることから、また同じ自閉症当事者として、この事件は許せません。
↓私のブログの、この事件に関する記事です。
http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-316.html
http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-353.html(2011年05月13日 20時44分18秒)


 その4日後、お母様はコメント欄にて、私に対するお返事をくださいました。
 お母様いわく、

「息子の受診日に、過去のイヤな思いが蘇ってきているのも、自傷行為の一つの要因と言われた」

 やはりフラッシュバックがあったのです。
 自閉症スペクトラム当事者の場合、こういった「精神的にも肉体的にも傷つけられた」体験は、確実に思い出したくもない記憶として残ってしまいます。現にこの私もそうですので、絶対にフラッシュバックが起こっているはず、そう心配になってコメントを書き込んだ次第ですが、これで事情は把握できました。


 このフラッシュバックという現象、ASDを抱える人間ならば、こどもであろうが大人であろうが、永遠につきまとうものです。本人は忘れたくても忘れられないこととなって、脳に残ってしまうのです。
 ですから、こういった事情を知らずに、安易に
「そんなことをいつまでも気にしていてアホらしい。もう忘れろ。忘れてしまえ」
 などと言わないでもらいたいのです。そうしたくてもできなくて悩んでしまうのですから。

 そして、ASD児が受け持ちの児童・生徒の中にいる、教育関係者の皆さん。
 ASD児がこういうフラッシュバックという重荷を抱えているということぐらいは、最低限頭にとどめておいてくださいよ。


(追記 2011-11-29)
 そのお母様のブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/yuririn23)、しばらく記事が上がっていなかったのですが、最近になってさらに深刻な事態に陥っているようです。
 あまりにひどい出来事なので、ここには書けません。
 ただひとつ言えること。「奈良の教育は死んでいる」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード