2011-04-19

時が経てば余裕は生まれる

 この記事を書いている現在、私はテレビのプロ野球中継を見ています。
 実を言いますと、以前の私はこういったことをするなど、ありえなかったことなのです。
 前に↓こちらでも書きましたが……

 心理的な余裕が、旅打ち趣味につながった 2010-08-07
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-218.html

 発達障害でもゆっくりながら成長するものです 2010-11-13
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-255.html

 今から5年前、新しい仕事に就いたとき。当時はもうとにかく毎日仕事に追われ、余裕のない日々を送っていました。自分の時間がほとんど仕事に支配されている、そんな状態でした。
 それゆえ、テレビを見る余裕すらもない有様で、当然プロ野球が今どのような状況なのかなど、とても把握しきれずにいたのです。野球ばかりでなく、ニュースもドラマもバラエティも、ほとんど見ることがなくなりました。
 そういったこともあってか、5年前から少なくとも3年ぐらいは、私は半ば世間知らずの状態となっていました。

 しかし、時が経つにつれて、段々と自分自身にも余裕を見つけ出すことができ、今では休みの日にボートレースを楽しみ、時には遠方のレース場まで出向いていくようにもなりました。
 それに加えて、今ではこの記事を書きながら野球中継を見るようになるまでに、自分の生活に余裕を見出すことができるようになりました。

 5年前、けっこうつらく苦しい日々を送っていたあのとき。高機能自閉症を抱える人間である私は、自分の事情を言い訳にせずに、ただひたすら今与えられた仕事を確実にこなしていこうと、がむしゃらになっていました。多少つらいことがあっても、くじけてはいけない。そう自分に言い聞かせ続けていきました。
 それに耐えたことが、今になってこうして余裕を感じられることへとつながったような気がします。あのつらい日々を経たことは、結果的に自分にとってはプラスとなったようです。


 この春、新しい世界へと踏み出していった方も多いことでしょう。中には私のように、発達障害を抱えながらも社会人として新たな一歩を踏み出した、そういった方もいらっしゃるかと思います。
 いずれにしても、いかに最初の「余裕のなさ」を切り抜けていけるかどうか、これが重要になってくることでしょう。
 もしつらく苦しくなったなら、ひとりで悩んではいけません。頼れる人がひとりでもいるのなら、その人に相談をするなどして、その人を思い切り頼ることです。そうやって他人の助けによって切り抜けても、何も恥ずかしいことはありません。

 そうすることによって、余裕のない日々を切り抜けていけば、いずれ「ああ、そういえば昔、あんなに悩んでいたときがあったっけな」と思い出話にできる日が、きっとやってくるでしょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード