2011-02-12

住之江 GI開設54周年記念 太閤賞競走

●2011年2月12日 住之江 
 GI開設54周年記念 太閤賞競走 最終日


 ・的中レース(10R・11Rは購入せず)
  3R 2連単    1,130円
  12R(優勝戦)
     3連単  1,250円


 今回は勝負結果よりも何よりも、舟券勝負連敗の泥沼からようやく抜け出せたことだけで、もうホッとしました。
 しかしそれでも、3Rで当てたのが「おさえ」の2連単ということで、3連単を当てなければと必死になりました。9Rまでちっとも当たりませんでしたので、私はある作戦に出ました。10R・11Rの舟券購入を見送り、最後の12R優勝戦に集中勝負をかけることにしたのです。
 結果、この作戦は効を奏しました。10R・11Rとも、私の事前予想はハズレ。無駄な金を使わずにすみました。そして優勝戦にて、無事に3連単を的中させることができたのでした。

 この日のレースは荒れ気味でした。万舟となったレースが4つ。その中でも6Rは大荒れでした。
 人気を集めていた坪井康晴選手と平尾崇典選手が1周1Mでそろって大減速。そのうえ坪井選手はエンストして失格。動けなくなってオールを漕いでいた坪井選手が切なく思えました。
 そしてこのレースで1着となったのは稲田浩二選手。稲田選手はF2持ちということもあってか人気は低く、がらみのオッズ倍率は飛びぬけて高くなっていました。その稲田選手がアタマとなって、3連単の結果は。配当額は何と130,990円! ちなみにこの組み合わせ、ドベから2番人気でした。

 そして今節で優勝したのは、石野貴之選手。「石野信用金庫」と呼ばれるにふさわしい、信用に足る逃げでの勝利でした。また、石野選手のお父様(石野美好氏)も22周年記念のときに優勝しているということで、史上初の親子太閤賞制覇となったわけです。
 2着に入ったのは王者・松井繁選手。大阪ワンツーフィニッシュとなりました。これでもう、大阪支部のエースの後継は石野選手といってよいかもしれませんね。まあ、松井選手はこれからもまだまだ王者として君臨し続けるでしょうけど。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード