2009-06-16

来ました! 徳山クラウン争奪戦・特設サイト

 2009年6月12日の記事(http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-25.html)にてご紹介した、徳山競艇開設56周年記念・GI徳山クラウン争奪戦の特設サイトが開設されていました。
 ↓こちらです。

http://www.kyotei-special.jp/200907GI18/index.php

 ムービーやレース情報はまだ準備中ですが、「ビジュアル紹介」を見ると、今回宣伝に起用されているキャラクター達の紹介や、世界観の概要が掲載されています。
 この宣伝における物語のタイトルは『ナイツ・オブ・ザ・クラウン』なのだそうです。
 そして、登場キャラクター達の名前も紹介されていました。次のとおりです。

 ・主人公……………アマユコット
 ・赤いマントの男……ロッソ
 ・青い髪の女………プル
 ・黒いマントの男……ネーロ
 ・黄色い服の女……ジャンロ
 ・緑のマントの男……ヴェル
 ・白いマントの男……ビアン

 キャラクターの名前まで設定されるとは、本格的ですねー。これはあとで、本当にゲーム化されて発売されることになるのではないかと、つい思ってしまいます。
 それと、上記キャラクターのうちの「ビアン」ですが、この人は「数々の伝説を築いた有名戦士」だそうです。そのような紹介のされ方といい、外見といい、これは山口支部の筆頭選手、今村豊選手をモデルにしたのでは?と勘ぐらずにはいられません。


 で、キャラクター達の名前をよーく観察してみると、ちゃんと何かの由来があって命名されていることに気づきました。
 まず主人公の「アマユコット」ですが、これを逆読みすると「トッコユマア」、これを「トッコユマア、トッコユマア、……」と連呼していくと「トクヤマ」と聞こえます。つまり主人公の名前は徳山競艇場が由来ということになります。
 その他のキャラクターについては、こうではないかと思います。

 「ロッソ」:イタリア語で「赤」を意味する言葉そのまま
 「プル」:英語の「ブルー(青)」から
 「ネーロ」:イタリア語で「黒」を意味する「ネロ」から
 「ジャンロ」:イタリア語で「黄色」を意味する「ジアッロ」から
 「ヴェル」:イタリア語で「緑」を意味する「ヴェルデ」から
 「ビアン」:イタリア語で「白」を意味する「ビアンコ」から

 まあ、この6人は枠の色を基にして描かれたキャラクターですから、必然的に色の名前が由来となっているのでしょう。

 これらのキャラが動きを持ったら、どんな映像となるのでしょう。早くムービーが公開となってほしいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

TOKUYAMAを逆さにしてAMAYUKOTですね

そうでしたか!

どなたか存じませんが、お教えくださりありがとうございます。
なるほど、ローマ字表記の逆読みだったのですね。
プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード