2010-11-29

ボートレース唐津訪問記・1

 2010年11月27日、私は佐賀県唐津市にあるボートレース唐津へと行ってまいりました。
 今回は、前日の夜に福岡まで乗り込みそこで一泊して、翌朝唐津へと向かう行程をとりました。そのため「ボートレース唐津訪問記」と銘打ちはしましたが、最初は前日の福岡でのことをつづる内容となります。あらかじめご了承ください。


 11月26日、この日の仕事を終えて帰宅した私は、そそくさと支度をして新大阪駅へと向かいました。もうこの日は朝から今回の唐津(&福岡)行きのことで頭がいっぱいの状態。ようやくそのときを迎えることができたことで、私の心は小躍りしていました。
 19時ごろ、新幹線で新大阪駅を出発し博多駅へ。3時間あまりで博多駅に到着。博多駅は来年3月の九州新幹線全線開業に合わせ、新幹線ホームが新たに1面追加されていました。現在はまだ山陽新幹線のみが発着するということで、従来の2面しか使われていませんが、来年3月には3面とも運用されるのでしょう。
 その後博多駅から地下鉄で中洲川端駅まで移動。この駅に近い中洲では、福岡名物の屋台が数多く並ぶのです。
 そのうちの1軒に入り、ビールと焼ラーメンを注文。なお福岡の屋台では、生ものを提供することが条例により禁止されています。したがって、ビールも生ビールはなく、すべてビンビールです。
 ここで私が注文した「焼ラーメン」というのは、福岡の屋台では名物料理のひとつに数えられます。固めの麺にラーメンのスープがからんだ、固焼きソバのような感覚です。もちろん福岡ですから、スープはトンコツ。ビールのつまみにするには、もってこいの一品でした。

 その後中洲から天神へと移動。天神も数多くの屋台が並ぶ場所です。
 この天神界隈でおすすめの屋台が『あほたれーの』です。大丸百貨店の前に店を出しています。地元では結構人気の屋台だそうで、私もその評判を小耳にはさみ、とりあえず店名だけは記憶にとどめていました。
 23時を回った頃、この『あほたれーの』の前まで来ました。この時間帯で金曜日とあって、どの屋台も客がほぼ満席の状態の中『あほたれーの』に空席ができたのを、私は見逃しませんでした。ここぞとばかりに、私は即座に『あほたれーの』の中へと入ったのでした。
 ここで私は「ガーリックチャーハン」をいただいたのですが、これが絶品! ニンニクの味がうまく効いており、食べるとスタミナがつきそうな気になりました。また、これが酒によく合うのです。ちなみに、このとき私が飲んでいたのはイモ焼酎でした。
 あと「タコス」もオススメです。ただ、これはチリソースがかなり効いているので、辛いのが苦手な方は注意したほうがよいかと思います。
 それともうひとつ耳寄り情報。この『あほたれーの』では、土曜日限定で特製コロッケを販売するとのこと。あいにくこの日は金曜日でしたので、残念ながらありつけませんでした。でも一度食べてみたいなあ……

 ――と、そんな調子で私は福岡の夜を満喫し、日付が変わったころにネットカフェに入り、そこで朝まで過ごしたのでした。


 そして翌朝。わりあい早く目が覚めて、6時30分ごろにはカフェを出ました。その後私が向かった先は、24時間営業のラーメン店。「朝ラーメン」といきました。何せ寒かったもので、少しでも体を温めたいと思ったもので。ま、前夜にひたすら飲み食いしたこともあって、さすがに替え玉はしませんでしたがね。
 朝ラーメンで体を温めたら、地下鉄の天神駅へ。なぜ地下鉄に乗るのか? 福岡市営地下鉄は、唐津方面へ向かうJR筑肥線と相互乗り入れをしているからなのです。つまりここから乗って、直接唐津まで行けるわけです。
 天神駅を出発したのが、7時30分ごろ。ここからボートレース唐津の最寄り駅、東唐津駅までは1時間強。ちょいと早く出過ぎてしまったかな、現地で相当待たされはしないかな、そんなことを考えました。
 しかし、それは杞憂でした。むしろ早く出て好都合でした。
 早い時間に乗ったこともあって、行きの電車は客も少なく、余裕で座れました。東唐津駅までゆっくりと座れた状態でいられました。
 東唐津駅に着くと、無料の直行バスが出ていました。やはり早い時間のためか、乗客は少なめ。そしてバスはボートレース唐津に到着。
karatsu_br1
 このとき時刻は8時55分ごろ。私は開門時刻が9時30分だろうと思っていましたので、いくらなんでもこれは早く来過ぎだろう、仕方ないがしばらく開門を待つかと、着いたときは思いました。しかし、係員さんがメガホンで次のひと言を……

「本日は9時15分開門です」

 何と! あともう20分ほど待てば場内に入れるのです。開門時刻がこんなにも早かったとわかり、安心しました。それであらためて思いました。「早めに出てよかった」と。何事も早め早めの行動は、いい結果をもたらすものです。今回もそれに当てはまっていたといえます。
 開門20分前だというのに、私同様早く来た客は結構いました。まあ大部分は指定席やロイヤル席の整理券を手に入れる人たちでしたが。それでも朝早くから見に行く熱心なファンがいるということに変わりはありません。
 そして9時15分が来て、いよいよ開門。まだ人気のないスタンド内を見てみると――

(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード