2010-09-08

発達障害当事者は目立たないようコソコソしなければならないのか?

 ネット上で、次のようなことを書いている人を見つけました。

「発達障害当事者は、人目につく職業にはつかないほうがいい」
「発達障害当事者は、名前を明かすべきではない」

 何かと「~しないほうがいい」といったようなことを掲示板上に書いて、それを他の当事者に呼びかけているのです。

 何という後ろ向きな考え方だ、と思わずにはいられません。

 いったい、そんな後ろ向きな姿勢でいて、何が生み出されるのでしょうか? 何の進展があるというのでしょうか? 世間に障害の理解を促すべき当事者が、自らそれを否定し、障害そのものを隠すようなことをやって、何の収穫となるのでしょうか?
 つまりこの発言主が言いたいのは、

「発達障害当事者は、世間で目立たないように、コソコソと生きていくべきだ」

 ということなのでしょう。少なくとも、私にはそうとしか感じられません。


 また、この発言主は「ネット上に当事者の名前は絶対に書いてはいけない」という信条の持ち主であることが見受けられました。
 それを自分だけの信条とするのなら、一向に構いません。しかしこの人はその信条を、掲示板に出入りする他の人たちにも強要していたのです。ひとたび掲示板上である当事者のフルネームが書かれようものなら「名前を書くな!」と激しく怒りをあらわにし、挙句の果てにその人を「プライバシーさらしの危険人物」と決めつけてかかる、といったことをしていました。

 これはおそらく、本人にとっては「その当事者本人を守る」つもりでやったことなのでしょう。名前がネット上に書かれると、そこから本人への嫌がらせ・誹謗中傷につながるということで、絶対名前を書いてはならない、という考え方に行き着いているのでしょう。だから「発達障害当事者は、名前を明かすべきではない」という考え方もするわけですね。
 しかし、これはその当事者ご本人にとっては「大きなお世話」でしかないと思います。名前を公表して活動する当事者は、それなりの覚悟をして世間に向かって主張をしていっているのです。彼らは彼らの名前とともに活動をしているのであって、それだけの「勇気」を持って活動していらっしゃるわけです。ですから彼らは、自分たちに対する攻撃でなければ、名前を書かれることぐらい、どうということはないと考えているでしょう。
 そういった人たちの名前を書かないようにする、というのは、結果的に彼らの活動を阻害することになりはしないでしょうか。これもまた障害を隠すような行為に思えて、いただけません。

 発達障害当事者は目立たないようコソコソしなければならない、という考え方、絶対におかしいと思います。
 そんな後ろ向きで卑屈な考え方、私はまっぴら御免です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード