2010-09-01

ボートレース蒲郡訪問記・3

 ボートレース蒲郡には、他にはない食べ物屋が存在します。それは何かといいますと、回転寿司屋です。
 店名は『回転すっしー』。スタンド1階の中央部にあります。

 ↓『回転すっしー』の外観。
 gamagori_br5

 寿司を販売しているレース場は他にもいくつかあります。住之江もそのうちのひとつです。しかし、回転寿司という形式にしているのは、おそらくこの蒲郡だけでしょう。
 よくあるチェーン店方式の回転寿司屋は、寿司のにぎりを寿司ロボットにまかせている店が結構多いですが、この『回転すっしー』は、ちゃんと職人さんがいて、人の手でにぎったものを提供しています。

『回転すっしー』でも、他の回転寿司屋と同様に、皿の色によって値段を定めています。その色分けが、ほぼボートレースの枠の色に準拠しているのです。
 ↓これがそうです。
 gamagori_br6

 白が一番安く、緑がいちばん高価なネタとなっています。ちなみに緑の皿のネタは、中トロとウニです。
 この『回転すっしー』の店内でも、レースの模様を実況中継するテレビが設置されていますので、この店で寿司をいただいている間でも、レースを楽しむことはできます。ちなみに私は、6Rがおこなわれているときにこの店で寿司をいただいていまして、そのレースは見事的中でした。食べている最中に思わずガッツポーズをしてしまいました。
 そのとき、私の隣に座っている人が「あの秋山(直之)は(山崎)智也の弟子でな、このレース、師弟対決ってわけだよ」といった話をしているのが耳に入りました。こういった話が聞こえるのも、ボートレース場内にある回転寿司屋ならではですね。

 それと↓この看板。『回転すっしー』の店頭に立てられていたものですが……
 gamagori_br7

 えーと、午後14時というと、午前2時ということになりますが……いくらナイター開催とはいえ、蒲郡はそんな時間までレースをやっているのでしょうか?(と、ベタにツッコミます)まあ、これは「午後2時」と「14時」がごっちゃになってしまったのでしょうね。


 この他、うどん・そばを販売する店もあり、そこにはメニューに「きしめん」もありました。こういったメニューがあるのは、いかにも蒲郡といえます。
 それに加えて、今回は夏祭り企画『ガマナツ2010』開催期間中ということもあって、スタンドの東側はまるで縁日のような雰囲気でした。そこでは全国から集まったB級グルメが多数並んで、大賑わいで……これについては、次に書きます。
(続く)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード