FC2ブログ

2010-08-20

当事者側が「悪いイメージ」を植えつけてはいないか?

 これまで↓の記事群において、発達障害当事者側に「自分絶対主義」「嫉妬」が見られる、といったことを書いてきました。

 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-category-10.html

 ここから私が思うこと。

 実のところ世間に対して、当事者側が自分たちの「悪いイメージ」を植えつけているのではないでしょうか?

 上記記事にて書いたことから思ったことですが、世間で発達障害のイメージを下げるようなことをしているのは、実は当事者側なのではないのでしょうか?
 もちろん昨今のマスコミ報道やその他の要因もあることでしょう。それは私もわかっています。しかし要因のひとつとして、当事者側の問題もあるのではないか、私はそのように感じたのです。


 Web掲示板にて、当事者と名乗る人が「これこれこういう問題を抱えている」と書きこむことが、よくあります。
 しかし人によっては、それに対する他の人からのアドバイスを「それは違う」「いや、それはこうだ」と突っぱねて、あくまで自分の考えが正しいと言わんばかりの態度をあらわにする、ということが見られます。
 これはいかがなものかと思います。自分基準でしか物事を考えられない人は、確実に世間から疎まれます。他者の意見に耳を貸さないとみなされるからです。
 残念なことに、発達障害当事者の中にはこの「自分絶対主義」にとらわれている人がかなりいます。この「自分絶対主義」こそが、他人に対して悪い印象を与えるものに他ならないのですが……これは誰かが本人に指摘してやらないと、本人はなかなか気づかないものときています。

 また「嫉妬」について。
 以前↓にて、嫉妬に関する記事を書きましたが……

 やっぱり発達障害界隈は「ジェラシッ子パーク」だ!
 2010-08-17
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-221.html

 ここに書いたように、世間に「理解してほしい」と訴える人が、嫉妬から他の積極的に理解を訴える人を軽蔑し罵倒するということが、現実になされているときています。
 これもイメージの低下につながるものです。本来なら当事者ないし当事者の家族が互いに手を取り合っていかなければならないところを、嫉妬から他人を貶める行為に走る。これでは世間は発達障害に対して、良いイメージは抱かないでしょう。結果、自らが自らのイメージを汚す行為をしていることになります。


 上記の問題に関しては「内ゲバ」に通ずるということで、私は常に憂いていることです。同じ境遇にある人同士が、あれやこれやとイザコザを起こしていては、ちっとも前には進みません。また、世間に対する印象も低下する一方です。

 そういったことから、世間に発達障害について理解を呼びかけるには、まず当事者およびその家族が「イメージを悪くしないようにする」との意識を高めることが第一ではないのか? と思うのです。どうもこの点が、当事者でも家族でも全般的に欠けているように思えてならないのですよねえ……


 ……とまあ、最近の私は発達障害当事者やそのご家族に対して、かなり辛辣な言葉を吐いていますが、ここまで書かないとわかりはしないだろうから、と思う故です。たとえ自分の言葉が元で嫌われるようなことになっても、このことだけはぜひ書いておきたいのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード