2010-06-11

「生きていることが罪」と思わせることが罪

 低い自己評価に追い討ちをかけるもの 2009-10-23
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-81.html

 「日本は悪」教育は問題視すべき 2010-05-28
 http://ebifuraihan.blog40.fc2.com/blog-entry-179.html


 上記記事にて、私は「アカ教師の反日・自虐教育が、こどもたちの自己評価を低くする」と主張しました。
 さらに「こういった教育により『生きていることすら罪』と思いかねない」といったことを書きました。

 実は、10代後半~20代のころの私が、まさに「生きていることすら罪」の意識にさいなまれていたのです。

 それというのも、私はそのころ頻繁に「日本人は極悪・反省し周辺諸国に詫び続けるべし」のアジテーションを耳にして、それが標準的な考え方だと思い込んでしまい、自分が日本人であることに嫌悪感を抱きつつありました。そこから、日本人であること自体が悪である、とも思うようになってしまったのです。
 それに加え、私の場合は10代のときに周囲から疎まれ、軽蔑の目で見られ続けたことにより「周囲の人たちの迷惑になっている存在」と感じるようになってしまっていました。
 この両者が重なり合って、どのような結果をもたらしたかといいますと……私は「日本人として生きていることが罪である」との意識を植えつけられてしまいました。

 以前の繰り返しとなりますが、自閉症スペクトラムのこどもは、自己評価を高めることが大事です。この時期に「自分はだめな人間だ」というような意識を持たせては、取り返しのつかないことになるのです。
 現にこの私がそうです。肝心な時期に「反日・自虐」の大洪水を浴びてしまい、それが自己評価をとことん低下させることとなってしまいました。これが現在に至るまで、モチベーションが低い、自分を過度に卑下させる態度に出てしまうなど、さまざまな影響が出ています。

 そういうことからも、私は現在の日本にはびこる「反日・自虐教育」を見過ごすわけにはいきません。これは発達障害のこどもたちにとって、有害なものでしかありませんから。

 なぜか発達障害にかかわる専門家も、また多くの当事者もこれをちっとも問題にする気配がないようですので、私ひとりでも、これを取り上げて問題提起し、世間に広めていきたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

エビフライ飯

Author:エビフライ飯
大阪府在住。男性。
発達障害の一種、高機能自閉症を抱える人間。
公営競技・野球・サッカーなどのスタジアムという空間が好きな自分です。
ファジアーノ岡山の本拠地・シティライトスタジアムに時々出没しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 旅行ブログ スポーツ観戦・遠征旅行へ

にほんブログ村 サッカーブログ ファジアーノ岡山へ

メールはこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Twitter
エビフライ飯のツイッター。↓ここでいろいろつぶやいています。


過去のつぶやきはツイログで。
自作小説
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
津 (7)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード